金魚の卵を放置するとどうなるの?

金魚の繁殖

金魚の卵を放置したらどうなるか知りたい人「金魚の卵を放置したらどうなるのか知りたい。金魚が産卵したときに、卵をそのままにしておいたらどうなるの?勝手に卵が孵化して稚魚が成長してくれることはないのかな?」

こんな疑問を解決します

この記事の内容

金魚の卵を放置した場合にどうなるのかについて書いています

こんにちは、せいじです。

金魚の飼育を10年以上しており、金魚のふるさと奈良県大和郡山市より、金魚マイスターの認定を受けています。

さて、金魚が産卵した場合、孵化させるに当たっては別の容器に移さないといけないとされています。

では、卵をそのまま放置するとどうなるのでしょうか?

金魚が産卵して、卵をそのまま放置すると、次のような問題が発生します。

卵を放置すると起こる問題

  • 親魚が卵を食べてしまう
  • 稚魚が孵化しても親魚に食べられてしまう
  • 孵化しなかった卵により水が汚れる

繁殖して稚魚を育てていくためにも、そして意図しない繁殖で稚魚を育てる気がなくても、卵をそのまま放置しておくと問題が発生します。

ただし、親魚と卵をそのままにしておいても、稚魚が成長していくこともあります。

なので、100%稚魚が育たないわけではありません。

というわけで、今回は金魚の卵を放置したらどうなるのかについて、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

金魚の卵を放置するとどうなるの?

では、金魚が産卵した卵をそのまま放置すると、どのようなことが起こるのかについて掘り下げていきます。

金魚が卵を食べてしまう

金魚は雑食性があり、口に入るものはなんでも食べようとします

砂利であろうがフンであろうが、いったん口の中に入れるのです。

そして、食べられるものであればそのまま食べ、食べ物でないとわかるとすぐに吐き出します。

口の中に入れるのは自分が産んだ卵でも同じです。

金魚には自分がお腹を痛めて産んだ卵を認識する能力がないからです。

そして、金魚にとって卵は食べられるものになるので、そのまま食べてしまいます。

ですから、卵を孵化させて稚魚を育てるのであれば、すぐに親魚と卵を別の容器で飼育する必要があるのです。

でないと、親魚が卵を食べ尽くしてしまうからです。

孵化させるつもりがなければ、卵をそのまま放置していいかというと、実はそうではありません。

金魚は卵を食べると、消化不良を起こすからです。

なので、孵化させる、させないにかかわらず、産卵したらすぐに親魚と卵を離すようにしなければなりません。

金魚の消化不良の原因と改善方法について【餌やりがポイントです】

孵化した稚魚が親魚に食べられてしまう

仮に、親魚が食べきれず、卵がそのまま残ったとしましょう。

その場合、受精卵であれば数日後に孵化し、稚魚が誕生します。

感動的な親子の対面が果たされるわけですが、金魚の場合はまったく感動しません。

金魚に親子の認識はないため、親魚は稚魚を食べてしまいます。

つまり、親魚の餌になってしまうのです。

卵とちがって消化不良を起こすことはありませんが、せっかく生まれた稚魚が全滅してしまう可能性が高いです。

金魚が共食いをする原因や理由と防ぐ方法を解説

孵化しなかった卵により、水が汚れる

では、食べ残された上に、孵化しなかった卵はどうなるのでしょう。

孵化しなかった卵は、カビが生えたり、腐って水を汚す原因となります。

水が汚れると金魚にとってストレスとなります。

ストレスが溜まると免疫力が低下し、さまざまな病気につながります。

さて、カビが生える卵は受精していない無精卵、もしくは受精はしたけれど、なんらかの原因で孵化できずに死んでしまった卵です。

受精卵は透明ですが、無精卵などは白く濁ります。

無精卵にカビが生えると、近くにある受精卵にもカビがうつり、卵が死んでしまいます。

ですから、無精卵については、早急に取り除くにようにしてください。

金魚もストレスを感じる!その原因と影響を解説します

スポンサーリンク

金魚が産卵したときの対処方法とは?

ここからは、金魚が産卵したときの対処方法について書いていきます。

金魚の卵を孵化させて稚魚を育てるためには、少々手間がかかります。

卵と親魚を別々で飼育する

金魚が産卵したら、すぐに卵と親魚を分けて飼育するようにしてください。

前述したように、そのままにしておくと親魚が卵を食べてしまうからです。

孵化させて稚魚を育てるにしても、卵を捨てるにしても、親魚が卵を食べない環境にしてください。

卵を孵化させる環境をつくる

卵を孵化させて稚魚を育てる場合は、環境整備が必要です。

孵化させる水槽や容器に必要な準備物としては、次のようなものがあります。

卵を孵化させるのに必要な道具

  • ヒーター
  • エアポンプ
  • スポンジフィルター

金魚の稚魚を孵化させるのに最適な水温は20℃です。

20℃であれば孵化率が上がり、稚魚の奇形の割合を最小限におさえることができるからです。

なので、ヒーターを設置して水温を20℃に保つようにしてください。

金魚の飼育におすすめのヒーターを紹介【3つのタイプから選ぶ】

また、卵も呼吸をするので、エアポンプによってエアレーションを実施してあげてください。

卵は5日程度で孵化し、稚魚が誕生します。

稚魚が孵化してからはフィルターが必要です。

稚魚を育てるためのフィルターとしては、スポンジフィルターがおすすめです。

通常の投げ込みフィルターでは稚魚を吸い込んでしまいますが、スポンジフィルターでは吸い込んでしまう恐れがないからです。

ブラインシュリンプをあたえよう

稚魚の餌にはブラインシュリンプがおすすめです。

生まれてしばらくの、身体を作るときに必要な栄養素がつまっているからです。

また、生き餌であるブラインシュリンプは、ちょこまかと動いて稚魚の食欲を引き出してくれます。

ですから、人工餌をあたえるよりも早く成長させることができます。

なお、ブラインシュリンプをあたえるためには、ブラインシュリンプエッグを孵化させる必要があります。

少々手間がかかりますが、得られるメリットは大きいですね。

金魚の稚魚の餌に最適なブラインシュリンプのわかし方や給餌方法

スポンサーリンク

金魚の卵を放置するとどうなるの?:まとめ

金魚の卵を放置するとどうなるのかについて書きました。

この記事をまとめると次のようになります。

  • 卵を放置すると親魚が食べてしまう
  • 一部の卵が孵化しても、親魚が食べてしまう
  • 孵化しなかった卵は水を汚す
  • なので、放置してはいけない

この記事に掲載しているリンクをまとめておきます。

ということで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました