スポンサーリンク
スポンサーリンク

金魚の尾腐れ病の原因や治療方法とは【治ります】

金魚の病気など

金魚が尾腐れ病になってしまいました。尾腐れ病の原因や症状、治療方法について知りたいです。早く治療して、早く元気になってほしいので。

こんな悩みを解決します

この記事の内容

  • 金魚の尾腐れ病の原因や症状がわかる
  • 金魚の尾腐れ病の治療方法がわかる

金魚の尾腐れ病は、比較的治療が簡単な病気です。

適切に治療すれば、完治することが多いですね。

ただ、症状が進むと見た目が痛々しく悲惨な状態になるため、早く治療してあげたいところです。

あまりに症状が進むと、病気は治ってもひれが元に戻らなくなる可能性があるので、早期発見が重要です。

スポンサーリンク

金魚の尾腐れ病の原因や症状は?

尾腐れ病の原因や症状について書いていきます。

尾腐れ病の原因

尾腐れ病の原因は、水質悪化によって増殖したカラムナリス菌と呼ばれる病原細菌に感染することによって発症します。

カラムナリス菌は、たんぱく質を分解する強い酵素を出して、感染した部位の細胞を破壊します。

破壊された部位は、壊死して溶けたような状態になります。

金魚にとったらめちゃくちゃ恐ろしい細菌ですよね。自分の身体を溶かしていくわけですから。

さて、カラムナリス菌は尾びれ以外の各ひれ、そして口にも感染することがあります。

ひれに感染した場合はひれ腐れ病、口に感染した場合は口腐れ病と呼ばれます。

基本的に尾腐れ病と症状は同じです。

ただ、害を与えるの身体の外側だけで、内臓に害を与えることはありません。

尾腐れ病の初期症状

尾腐れ病の初期症状では、尾びれの先の部分に白い濁りが見られます。

通常、金魚の尾びれは半透明になっていますよね。

それが、明らかに白く濁った症状になります。

ただ、尾腐れ病ではなく、体調が悪い時にもひれが白く濁ることがあるので、見極めが必要です。

尾腐れ病の場合は、充血を伴うことがあるので、そのあたりのチェックが必要です。

いずれにしても体調が悪いことに変わりはないので、この時点で塩水浴を実施するといいですね。

症状が進むにつれて白濁が尾びれ全体に広がっていき、やがて先端の方から裂け始めます。

尾腐れ病の末期症状

裂け始めた尾びれは、症状が悪化するにつれて先端から溶けてなくなっていきます。

まるでひれが欠けていくような感じですね。

そして徐々に尾が短くなっていきます。

目に見えて尾びれが破壊されていくのがわかりますね。

さらに悪化して末期になると、骨部分だけの傘のような非常に痛々しい状態になります。

やがて衰弱して死んでしまうのです。

尾腐れ病はうつる?

尾腐れ病は同じ水槽で複数の金魚が発症するため、うつる病気と考えられます。

ただ、水槽内にカラムナリス菌が増えていることが原因なので、水換えをして水槽全体を治療する形で実施した方がいいですね。

発症した金魚を隔離して治療するより、他の金魚も一緒に治療した方が良いと考えます。

スポンサーリンク

金魚の尾腐れ病の治療方法とは

尾腐れ病の治療方法は次の通りです。

最初に半分ほど水換えした後に実施してください。

  • 尾腐れ病に塩浴は効果がある?
  • 尾腐れ病に効く薬とは?
  • 尾腐れ病は治る?

尾腐れ病に塩浴は効果がある?

尾腐れ病には塩水浴が効果的です。

0.5%の塩水浴を実施してください。

塩水浴の目的は、金魚の日常生活の中での負担を減らし、自然治癒能力を高めるためです。

ただし、白点病なら塩水浴のみで治ることがありますが、尾腐れ病は塩水浴だけでの完治が難しいです。

なので、投薬治療と合わせて行ってください。

塩水浴については金魚の塩水浴とは?やり方や効果をわかりやすく解説をご覧ください。

尾腐れ病に効く薬とは?

尾腐れ病に効く薬は次の通りです。

  • グリーンFゴールド
  • エルバージュエース

尾腐れ病は細菌に感染することで発症するため、細菌を殺す効果のある薬が必要です。

ここではグリーンFゴールドとエルバージュエースをご紹介します。

水換えしたあとにグリーンFゴールドもしくはエルバージュエースを水量に合わせて入れてください。

そして、1週間ほど薬浴して様子を見まてください。

1週間後に状況が改善しないようであれば、再度水換えをして薬を投入し、薬浴をするのが効果的と言われています。

ただ個人的な経験で言うと、1回目の薬浴で状況が改善せず、薬浴を継続した場合に金魚が死んでしまうケースが多い印象です。

それも尾腐れ病で死ぬというより、薬の負担により亡くなったように思います。

なので、連続して使用するのはあまり好ましくないかもしれません。

尾腐れ病は治る?

尾腐れ病については、水換えと塩水浴、薬浴によりほぼ完治する病気です。

尾びれが裂けて、欠け始めた状態でも全回復しました。

ただ、症状が進行した状態では、たとえ病気は完治しても、欠けた尾びれが完全に戻らない可能性があるため、早期発見、早期治療が必要です。

普段の観察を怠らないようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

尾腐れ病について書きました。

早期発見であれば、金魚の病気の中では比較的簡単に治る部類になります。

日々の観察を実施して、適切に治療を開始するようにしてください。

とはいえ、予防して病気を未然に防ぐのが一番です。

異変を感じた場合は、水換えや環境の整備、塩水浴などで健康の維持に努めてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました