金魚をエアポンプなしで飼育する場合の水換えを解説

金魚の飼い方

ポンプなしで金魚を飼育したい人「エアポンプなしで金魚を飼育する場合の水換えについて知りたい。音がうるさいし、お金ももったいないので、エアポンプやフィルターを使わずに金魚を飼育したい。その場合、水換えはどうしたらいいのかな?どれぐらいのペースでしないといけないの?」

こんな疑問を解決します

この記事の内容
金魚をエアポンプやフィルターなしで飼育する場合の水換えについて書いています

こんにちは、せいじです。

金魚飼育を10年以上しています。

また、奈良県大和郡山市から金魚マイスターの認定を受けています。

さて、最近はエアポンプを使った投げ込み式フィルターや上部フィルターなど、酸素の供給と水を浄化する濾過作用を用いながら金魚を飼育するのが一般的です。

この形であれば、水換えは1~2週間に1回、半分程度で安定した飼育環境を作ることができます。

しかし、エアポンプやフィルターを使わないで飼育する場合は、すべての水を毎日交換するのが基本となります。

というわけで、今回はエアポンプやフィルターなしで飼育する場合の水換えについて解説していきます。

スポンサーリンク

金魚をエアポンプなしで飼育する場合の水換えを解説

金魚をエアポンプやフィルターを使わないで飼育する場合の水換えについて書いていきます。

エアポンプやフィルターを使わない水槽の水換えは毎日全換水

エアポンプやフィルターを使わないで飼育する場合、水換えは毎日すべての水を入れ換える全換水が基本となります。

ですので、自ずと飼育できる容器は小さくなりますね。

大きな容器だと手間が半端なくかかるのと、水道代がべらぼうに高騰してしまうからです。

では、なぜ毎日の全換水が必要になるのかについて掘り下げていきます。

毎日水換えは汚れの排出と酸素の供給が目的

毎日すべての水を入れ換える必要が発生するのは、次の理由からです。

毎日全換水しなければならない理由

  • 排泄物や餌による有害物質を排出するため
  • 酸素を供給するため

金魚飼育においては、フィルターによる濾過作用を使った飼育が一般的です。

濾過作用とは、綿などで糞や餌の食べ残しなどの汚れを濾しとる物理濾過と、濾材などに汚れを分解してくれるバクテリアを繁殖させることによって作用する生物濾過、炭などで汚れを吸着する化学濾過の3つの作用をさします。

濾過の働きによって、金魚に有害となる物質が取り除かれたり、分解されたりして、金魚は健康に生きていくことができるのです。

また、フィルターは水を循環させることによって働きます。

水を循環させると、水に揺れができ、水中に酸素を取り込むことができます。

つまり、ほとんどのフィルターで、飼育水の濾過と飼育水への酸素の供給をすることができるのです。

しかし、フィルターを使わないで飼育するとなると、別の方法で両方の作用を補わなければなりません。

その方法が、水換えによって汚れを排出し、酸素を含んだ水を供給するための全換水になるのです。

 

全換水する際の注意点とは?

では、金魚の水を全換水する場合の注意点について書いていきます。

フィルターを使った水槽では、通常1回の水換えで半分ぐらいの量を入れ換えます。

水温や水質といった環境の変化を軽減するためです。

しかし、すべての水を変えるとなると、その影響はとても大きくなります。

特に次の2点に注意してください。

全換水する際の注意点

  • カルキ抜きをしっかり行う
  • 水温をしっかり合わせる

金魚にとって水道水に含まれるカルキは、猛毒になります。

半分の水換えであれば、カルキが少々残っていても飼育水に紛れて影響を緩和することができますが、全部の水換えでカルキが残っていると、金魚にあたえる害は大きくなります。

ですので、しっかりとカルキを抜くようにしてください。

カルキ抜きには、市販されている水溶性のカルキ抜きを使うか、ハイポといった固形のカルキ抜きを使う方法があります。

また、1日太陽の光が当たる場所に水を汲み置きしておくと、自然にカルキが抜けます。

水温については、飼育水と新水の水温の差を極力なくす必要があります。

一番確実な方法は、新水を容器の横に置いておくことです。

環境を同一にすると、自然に水温も同じになります。

可能なら同じ容器を2つ用意し、金魚を毎日移すと楽に水換えが済みますね。

スポンサーリンク

金魚をエアポンプやフィルターなしで飼う場合の環境整備

金魚をエアポンプやフィルターなしで飼育する際の水換えについて書いてきました。

ここからは、飼育環境についての注意点について書いていきます。

エアコンなど気温の変化が激しいところに設置しない

エアポンプやフィルターなし、全換水によって飼育する場合、どうしても飼育する容器は小さくなります。

当然その中に入っている水の量は少なくなりますよね。

水の量が少なくなるということは、次のような問題が発生します。

水量が少ない場合の注意点

  • 部屋の温度が水温にあたえる影響が大きくなる
  • 飼育水が汚れやすくなる

水量が少ないと、水温の変化が起こりやすくなります。

水温の変化が激しいと、金魚にストレスとなり、体調をくずしたり、病気になってしまうリスクが高くなります。

ですから、温度の変化が少ない場所に容器を設置するようにしてください。

たとえばエアコンなどの影響が大きい場所に置くのはリスクが高いと言えます。

餌は少なめにあたえる

水量が少ない状態で金魚を飼育すると、水が汚れやすくなります。

濾過作用のない状態で水が汚れると、すぐに金魚に悪影響が発生します。

水の汚れの原因は、主に金魚の排泄物です。

ですから、餌を少なめにあたるようにしてください。

金魚の大きさ、餌の大きさにもよりますが、粒状の餌であれば1日10粒程度にしたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

金魚をエアポンプなしで飼育する場合の水換えを解説

金魚をエアポンプなし、フィルターなしで飼育する場合の水換えについて書きました。

濾過作用が働かない水槽では、水が汚れやすくなります。

また、水の循環が起きないので、水中に酸素が供給がされにくくなります。

ですから、全換水によって環境を改善する必要があります。

全換水の場合、金魚にあたえる影響が大きくなるので、慎重に行うようにしてください。

というわけで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました