スポンサーリンク
スポンサーリンク

金魚の繁殖、産卵時期や手順、必要物品など【わかりやすく解説】

金魚の繁殖

金魚の繁殖をしたいと思っています。産卵させるにはどうすればよいですか?また、産卵時や産卵後に必要な対応、道具があったら教えてほしいです。

こんな疑問を解決します

この記事の内容

  • 金魚の産卵についてわかる
    金魚の産卵前後に必要な対応や道具がわかる

こんにちは、せいじです。

金魚飼育歴10年、毎年桜錦や東錦、出目金の繁殖をしています。

さて、大事に飼っている金魚さん。

どうせなら産卵させて何世代も繋げていけたら嬉しいですよね。

自分の手で、自分の家で生まれた金魚さんは、やはり思い入れが変わってきます。

というわけで、今回は金魚の繁殖、産卵について詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

金魚の繁殖、産卵時期や手順、必要物品など【わかりやすく解説】

金魚を繁殖させるために必要な知識をまとめていきます。

一般的にメダカなどと比較して、金魚の繁殖は難しいと言われていますが、そうでもありません。

ただ、メダカは放っておいても増えていくようですが、金魚の場合は若干手間がかかりますね。

金魚の産卵期は?

まず、金魚が産卵する時期について書いていきます。

ヒーターなどを使わず、自然な気候に影響を受ける状態で飼育している場合、金魚の産卵期は4月上旬から5月末ぐらいになります。

金魚は水温の変化によって冬や春を感じます。

水温が5℃前後になり2週間ほど経過すると冬を感じ、水温が上昇して20℃ぐらいになると、春が来たと認識し発情するのです。

なので、水温の変化が少ない場所で飼育している場合や、ヒーターを設置して水温を一定に保っている場合は、発情しにくいですね。

逆に、冬を感じた後、ヒーターで水温を上げると、春が来たと思って発情します。

金魚の産卵年齢は何歳?

金魚が繁殖できる年齢は、一般的に次のようになっています。

  • 雄:2歳~8歳
  • 雌:3歳~8歳

この年齢以外では絶対に繁殖しないというわけではありません。

繁殖しにくくなりますが、個体差がありますね。

人間と同じように、若い方が繁殖能力も高まります。

金魚の産卵の兆候を確認する

金魚の産卵の兆候として、次のようなことが見られます。

  • 雄に追星ができる
  • 雄が雌を追いかけまわす

春になり、雄に追星が出始めたら、雄と雌に水槽を分けるといいですね。

というのも、発情した雄は雌に産卵を促すために追いかけ回すからです。

雄は雌のお腹をつついたり、身体をこすりつけたりして刺激を与え、産卵を促すのです。

そして、雌が産卵したら、その卵に精子をかけるのです。

しかし、追いかけ回され過ぎると、雌は鱗が剥がれるなど身体に傷を負ったり、体力が消耗したりすることがあります。

なので、繁殖行為をさせたい時のみ、親にしたい金魚だけを別水槽もしくはタライに入れ、産卵後、雄の精子の放射後に元に戻すようにするといいですね。

繁殖させる際のセットとしては、雄2匹、雌1匹が良いとされています。

卵にしっかりと精子がかかり、卵が孵化する確率が高くなります。

金魚の産卵を促進する方法

金魚の産卵を促進する方法として、水換えがあります。

春になって、水温が20℃ほどに上昇してきたら、半分程度水槽の水換えを行ってください。

新しい水に刺激されて、産卵を促すことができます。

水換えにより刺激を与えると、だいたい翌日の朝には産卵することが多いですね。

金魚の産卵回数は?1年にどれぐらい産卵する?

金魚が1つの季節に産卵する回数は、だいたい1~3回ぐらいです。

1回産卵して、その後しない個体もいますし、2回、3回と大量の卵を産む個体もいます。

1回に産卵する卵の数は、大きさや種類によります。

大きい個体の方が、卵をたくさん産む傾向にあります。

多いものだと、1000~2000個産みます。

基本的には回数を重ねるにつれて、卵の数は少なくなる傾向があります。

スポンサーリンク

金魚の産卵に必要な道具や対応とは?

金魚の産卵に必要な道具や対応方法を紹介していきます。

金魚の産卵に必要な道具は次の通りです。

  • 産卵用の水槽もしくはタライ
  • 産卵床
  • ヒーター
  • エアポンプ
  • エアストーン

掘り下げていきます。

金魚は産卵後卵を食べる!水槽を分けましょう

金魚は産卵後そのままにしておくと、自分がせっかく産んだ卵を食べてしまいます。

なので、卵は親魚と別の水槽で管理する必要があります。

私は産卵用のタライを用意し、そこに親魚にする雄2匹と、雌1匹を入れます。

そして、産卵終了後卵をそのまま残し、親魚を元の水槽に戻します。

産卵床を設置する

そこに産卵床と呼ばれる、卵を産み付けるための場所を設置します。

産卵床がなくても金魚は産卵をしますが、砂利や水槽の壁面についてしまい、うまく孵化しない場合があります。

産卵床を用意してあげると、そこに産み付けるので、管理が楽になります。

産卵床については、天然の産卵藻が販売されています。

その他にも、人工の産卵藻があります。

専用のものが便利ですが、そうじゃないと産卵しないわけではありません。

私の経験では、人工の水草にも問題なく産み付けてくれます。

私は画像のような、ビニールの荷造り紐で作った自作の産卵床を使用しています。

使い捨てですが、安く簡単に作ることができるので、特に問題ありません。

金魚の卵は水温管理が必要

金魚の卵を孵化させるためには、温度管理が必要です。

自然に任せておいても孵化しますが、水温によっては孵化が早くなったり遅くなったりします。

また、奇形や孵化率にも影響します。

金魚の卵が孵化するのは、水温がトータルで100℃に到達した日です。

なので25℃設定にしておけば、約4日後に孵化します。

卵にもエアレーションは必要

金魚の卵にもエアレーションは必要です。

あまり強くかけると卵に影響が出る可能性があるので、ゆるめのエアレーションをかけてあげましょう。

この時、投げ込み式のフィルターをつながないでください。

孵化した稚魚が吸い込まれて仏様になってしまいますので。

スポンサーリンク

まとめ

金魚の産卵について書きました。

金魚の繁殖は手間がかかりますが、それ以上に楽しいものです。

産卵後にもそれなりの手間がかかりますが、手塩にかけて自分で育てた金魚は、金魚店などで購入してきた金魚とは違った思い入れを持つことができます。

なので、興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました