スポンサーリンク
スポンサーリンク

【金魚】丹頂はどんな性格?他の品種との混泳の相性は?

金魚の種類

丹頂の性格を知りたい人「金魚の丹頂の性格を知りたい。丹頂ってどんな性格をしているの?オランダ型でしっかりとした身体をしているけれど、他の品種と混泳の相性はどうなのかな?」

こんな疑問を解決します

この記事の内容
丹頂の性格について書いています。この記事を読むことで丹頂の性格がわかり、そして他の品種との混泳の相性もわかります

こんにちは、せいじです。

金魚の飼育を10年以上しており、金魚のふるさと奈良県大和郡山市より金魚マイスターの認定を受けています。

さて、今回は金魚の品種のひとつ、丹頂の性格について見ていきたいと思います。

丹頂はオランダ獅子頭と同じ体型をもつ品種で、丹頂鶴を思わせる色彩から、丹頂と呼ばれています。

性格は穏やかで、他の品種との混泳も特に問題ありません。

ただ、金魚全般的に言えることですが、泳ぎの能力が近い品種同士のほうが混泳はうまくいきます。

あと、身体の大きさに差がない、というのも、いっしょに飼育するうえで重要なポイントです。

というわけで、今回は丹頂の性格や混泳の相性について書いていきます。

なお、丹頂の特徴などを詳しく知りたい方は、【金魚】丹頂の特徴や種類、値段を紹介しますをご覧ください。

 

スポンサーリンク

【金魚】丹頂はどんな性格?他の品種との混泳の相性は?

 

では、さっそく丹頂の性格について掘り下げていきます。

丹頂はオランダ獅子頭をベースに誕生

丹頂は中国で誕生した品種です。

しかし、どのようにして誕生したのか、という作出過程は明らかになっていません。

体型から想像するに、オランダ獅子頭がベースになっていることはまちがいないと思われますが、どのように人の手が加わって、丹頂が誕生したかは不明となっています。

ただ、戦後に中国から日本にやってきた後は、日本人が好むような形に少しずつ改良されてきました。

そして、現在日本で流通している丹頂は、ほとんど日本で作られています。

オランダ獅子頭に似て性格は穏やか

そんな丹頂ですが、性格はベースとなっているオランダ獅子頭に似て穏やかです。

混泳させても、他の品種を執拗に攻撃するといったことは少ないです。

個人的には、オランダ獅子頭よりもさらに穏やかな印象を受けますね。

というのも、オランダ獅子頭は、たまに他の品種にちょっかいを出すことがありますが、丹頂ではほとんど見られません。

なので、他の品種との混泳は問題ないですね。

スポンサーリンク

丹頂と他の品種との混泳の相性は?

丹頂の性格を見てきたところで、ここからは具体的に丹頂と他の品種との混泳の相性について書いていきます。

混泳の相性を考える際に重要なポイントは、泳ぎの能力です。

泳ぎの能力の差が大きい場合は、混泳の相性は悪いということになります。

オランダ型や琉金との相性が良い

丹頂はオランダ獅子頭と体型がほぼ同じで、オランダ型という品種に分類されます。

オランダ型は、もっとも泳ぎの得意な和金型に次いで、泳ぎの能力が高いタイプになります。

そして、オランダ型にくくられる品種の泳ぎの能力にはほとんど差がありません。

なので、丹頂とオランダ型の品種との混泳の相性は良いですね。

具体的には次のような品種がオランダ型に分類されます。

混泳の相性が良いオランダ型の品種

  • オランダ獅子頭
  • 東錦
  • 青文魚
  • 茶金
  • 浜錦
  • 高頭パール

あとは、琉金やキャリコ琉金とも泳ぎの能力が近いので、混泳の相性は悪くありません。

ただし、オランダ型である丹頂のほうが体格が良く、泳ぎのパワーという点では琉金よりも強いです。

なので、琉金が押しのけられるようなことが多く見られるようであれば、混泳はさけたほうがいいでしょう。

この辺りは個々の金魚の相性によって判断したほうがいいですね。

和金型との相性は悪い

いっぽうで、和金型の品種とは混泳の相性が悪いです。

なぜなら、泳ぎの能力がちがいすぎるからです。

和金型とは、具体的に次のような品種です。

混泳の相性が悪い和金型の品種

  • 和金
  • コメット
  • 朱文金
  • ブリストル朱文金

和金型は金魚の中でもっとも泳ぎの能力が高く、他のタイプとくらべると群を抜いています。

なので、2番目に泳ぎの能力が高いオランダ型であっても、和金型との混泳はストレスを受ける場面が多くなります。

たとえば、餌を食べる際、泳ぎの得意な和金型ばかり食べてしまって、オランダ型がなかなか食べられないといった状況です。

ですから、和金型との混泳は避けたほうが無難ですね。

とはいえ、オランダ型のパワーによって和金型を押しのけ、餌をゲットできる個体もいるので、個々の相性もふまえて判断してください。

個体の大きさにも配慮する

金魚を混泳させる場合、身体の大きさをそろえるようにしてください。

大きさに極端に差があると、小さい金魚がストレスを感じて弱ってしまう可能性が高いです。

たとえば、小さな金魚は大きな金魚に押しのけられるなどして、なかなか餌が食べられなくなる場合があります。

また、普段でも、大きな金魚につつかれるなど、ストレスを受ける場面が見られます。

なので、金魚を混泳させる場合は、同じ大きさでそろえるようにしてください。

なお、あまりにも大きさに差が見られる場合は、共食いに発展する可能性があります。

十分注意してください。

 

スポンサーリンク

【金魚】丹頂はどんな性格?他の品種との混泳の相性は?:まとめ

金魚の品種のひとつ、丹頂の性格や他の品種との混泳の相性について書きました。

丹頂はオランダ獅子頭と同じく、穏やかな性格をしています。

そして、泳ぎの能力も和金型に次いで高いです。

なので、丹頂自体はそれほど混泳相手を選びませんが、泳ぎの能力が低い品種との混泳は、相手が

弱ってしまう可能性があるのでさけたほうがいいですね。

また、泳ぎがもっとも得意な和金型の品種が相手となると、丹頂でもストレスを感じる場面が出てきます。

なので、和金型ともさけたほうがいいでしょう。

相性が良いのは同じオランダ型、そして琉金となります。

同じオランダ体型で、いろいろなバリエーションを楽しめる水槽を作るのも楽しいですよ。

上手に飼育すれば長生きしてくれるので、丹頂飼育をぜひ楽しんでください。

【金魚】丹頂の寿命はどれぐらい?長生きさせるコツとは?

ということで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました