スポンサーリンク
スポンサーリンク

金魚を大きくするためには酸素が必要!その理由と効果を解説します

金魚の飼い方

金魚を大きく育てたい人「金魚を大きく育てたい。そのためには酸素の量も重要と聞いたんだよね。金魚を大きくするのに、酸素の量を増やすとどのような効果があるのかを知りたいな」

こんな疑問を解決します

この記事の内容
酸素が金魚の成長にどのような効果があるのかがわかる

こんにちは、せいじです。

金魚の飼育を10年以上しています。

また、大和郡山市の金魚マイスター認定者でもあります。

さて、金魚を大きくするためには、いろいろな要素が必要です。

そのうちのひとつとして、水槽内の酸素濃度を増やすというものがあります。

今回は、飼育水の酸素濃度を増やすことが、金魚の成長にどのような影響を与えるのかについて書いていきます。

スポンサーリンク

金魚を効率よく大きくするためには酸素が必要

金魚は、飼育水の酸素濃度を高くしたほうが効率的に成長させることができます。

その理由について、掘り下げていきます。

金魚が元気になり、餌をたくさん食べる

酸素濃度が増えると、金魚は元気になります

人間でも酸素が薄いところでは活動量が低下しますよね。

それと同じことが金魚にも発生します。

逆にしっかりと酸素があると、活動的に過ごすことができるです。

「じゃあ、とにかく酸素濃度を増やせばいいのか」と思う人もいるかもしれませんが、それは少しちがいます。

やみくもに酸素を増やすと、環境の変化によってガス病という病気を発症する可能性があります。

なので、酸素を増やせば増やすほどいいというわけではありません。

一般的なエアレーションで得られる程度の酸素量で十分です。

なお、ガス病については、金魚を屋外にて青水(グリーンウォーター)で飼育する効果とはに書いていますので、読んでいただけるとうれしいです。

酸素の量を増やすことで、金魚が元気になる理由を改めてまとめると次のようになります。

  • 金魚に十分な酸素が行き渡り、活発になる。
  • 水槽内の濾過能力がアップし、良い水質が維持できる
  • 水の循環により、水槽内が活性化される。

この3点によって金魚の餌食いが良くなり、成長が促進されるということです。

水の循環により、水槽内が活性化される

飼育水の酸素濃度をあげるためには、水を循環させることも重要です。

水が循環することによって、水槽全体に酸素が行き渡るからです。

酸素が行き渡ると、金魚にとって水槽内の環境が良くなり、ストレスが減ります

なので、金魚が元気に餌を食べることができるのです。

バクテリアが増え、生物濾過の効果が上がる

水槽内の環境を維持するためには、バクテリアの存在が不可欠となります。

なぜなら、バクテリアは金魚にとって有害な物質を食べて、無害の物質に変える働きをしてくれるからです。

金魚にとって有害な物質とは、金魚の糞尿に含まれているアンモニアです。

アンモニアの量が増えると、金魚は体調をくずしたり、病気の原因となります。

餌をたくさん食べさせるということは、それだけ糞尿が増え、アンモニアの排出量も増えるということです。

なので、アンモニアを分解するバクテリアの数が十分でないと、飼育水は汚れ、水質が悪化します。

金魚が元気に餌をたくさん食べるためには、水質の悪化はマイナスとなります。

水質が悪化して金魚がストレスを感じると、餌を食べる量が減ってしまうからです。

とういわけで、金魚にしっかり餌を食べてもらおうと思ったら、バクテリアを増やす必要があるということです。

金魚の糞尿を分解するバクテリアは、好気性バクテリアといって、酸素を好みます。

飼育水の酸素濃度が増えれば、バクテリアの数も増えるのです。

なお、バクテリアの効果については金魚水槽のバクテリアの効果をわかりやすく解説でさらに詳しく書いています。ご覧いただけるとうれしいです。

スポンサーリンク

水槽内に酸素を増やす方法

酸素を増やすことで金魚が餌をたくさん食べ、大きく成長しやすいことがわかっていただけたと思います。

では、どうやったら飼育水の酸素濃度を増やすことができるでしょうか。

ここからは酸素濃度を上げる方法について書いていきます。

エアレーションをする

酸素濃度を上げるスタンダードな方法は、エアポンプと餌ストーンを使ってエアレーションをすることです。

エアレーションをすると、気泡によって水の表面が攪拌され、酸素が取り込まれます。

なので、飼育水の酸素濃度が上がるのです。

上部フィルターを使っている場合、普通に飼育するだけなら、エアレーションがなくても十分な酸素を供給することができます。

しかし、餌をたくさんあたえ、大きくしたいのであれば、エアレーションによって酸素濃度をあげたほうが良いです。

水温を上げ過ぎない

水中の酸素濃度は、水温が上がるほど低下します。

水温の上昇につれて、水が酸素を含むことができる容量が減るからです。

なので、水温が高くなりすぎると、酸素は少なくなってしまうのです。

水温が35度を超えるようなら、温度を下げるように調節したほうがいいですね。

水温を調節する道具としては、水槽用のクーラーがあります。

必要時に使ってみてください。

スポンサーリンク

まとめ

金魚を大きく成長させるための酸素の効果について書きました。

酸素は金魚を大きくするのに必要な要素となります。

なので、エアレーションなどで十分な酸素を供給してあげてください。

なお、金魚を大きくするためには、その他の要素も重要になってきます。

そのひとつとして、餌選びがあります。

金魚を大きくする餌選びのポイントやおすすめの商品を紹介を読んでいただけるとうれしいです。

それらと組み合わせて実施することで、効率的に成長させていくことができるはずです。

というわけで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました