【金魚】江戸錦の寿命はどれぐらい?長生きさせるコツとは?

金魚の種類

江戸錦の寿命を知りたい人「江戸錦の寿命を知りたい。江戸錦を飼育しようと思っているんだけれど、どれぐらい生きるのかな?金魚って弱いイメージがあるけれど、長生きさせる方法はあるの?」

こんな疑問を解決します

この記事の内容
江戸錦の寿命についてい書いています。また、江戸錦を長生きさせるコツについても書いています

こんにちは、せいじです。

らんちゅう型の金魚の飼育を10年以上しています。

また、金魚のふるさと奈良県大和郡山市より、金魚マイスターの認定を受けています。

さて、らんちゅう型の品種のひとつに江戸錦があります。

「らんちゅう」ときくと、一般的に飼育がむずかしく弱いイメージがあるかもしれません。

そして、飼ってもすぐに死んでしまうって印象を持つ人も少なくないでしょう。

私も金魚飼育の初心者のころはそうでした。

しかし、江戸錦を含む金魚は、イメージよりも長生きします。

そして、江戸錦は上手に飼育すると、10年以上生きることができる能力を持っています。

猫や犬には及ばないかもしれませんが、ハムスターなどの小動物よりも長く生きるんですよね。

というわけで、今回はそんな江戸錦の寿命について書いていきます。

スポンサーリンク

江戸錦の寿命はどれぐらい?

では、江戸錦の寿命について掘り下げていきます。

金魚の場合、実際の平均寿命と、品種の寿命では大きく差があります。

飼育がむずかしいというのもありますが、その前に正しい飼育方法を知らない人が多いのも事実ですね。

江戸錦の平均寿命

江戸錦の平均寿命は5~6年といわれています。

ただし、これはある程度上手に飼育した場合の寿命ですね。

実際には3年ぐらい育てることができれば、長生きといってもいいでしょう。

「年単位で生きるなんて無理でしょ?すぐに死んでしまうよ!」って思う人もいるかもしれません。

飼ってすぐに死んだ、という声もよく聞きます。

というのも、江戸錦を含む金魚がもっとも死にやすいシチュエーションは、飼育のスタート時だからです。

金魚店から自宅に連れ帰り、新しい環境で飼育をはじめたときに、その環境に適応できずに死んでしまうことがとても多いんですね。

とはいえ、これは導入時の飼いかたに問題があるからです。

逆にスタート時をクリアすることができれば、割と長く生きてくれるようになります。

飼いはじめの具体的な方法については、この記事の後半で詳しく書いています。

江戸錦の品種としての寿命

江戸錦の品種としての寿命は、10年以上あると言われています。

実際に10年以上生きる個体もいるんですよ。

ただし、10年以上飼育するのはかなりむずかしいですね。

よっぽどの熟練者じゃないと、寿命をまっとうさせることは不可能でしょう。

江戸錦は転覆病に注意が必要

らんちゅう型の品種で長生きさせるのがむずかしい理由として、転覆病があります。

転覆病は、餌の食べ過ぎなどによる消化不良によって、金魚がまともに泳げなくなる病気です。

ひどくなると、舟のように転覆して動けなくなります。

そして、やがて衰弱して死んでしまうのです。

江戸錦はその体型などから、転覆病になりやすい傾向があります。

なので、どうしても長生きさせるのがむずかしくなりますね。

スポンサーリンク

江戸錦を長生きさせるコツとは?

ここからは江戸錦を長生きさせるコツについて書いていきます。

導入時の急死を防ぐ

江戸錦が死んでしまうリスクがもっとも高いのは、金魚屋さんなどから購入してきて自宅で飼育しはじめた直後です。

なぜなら、環境の大きな変化により、江戸錦に相当な負担がかかるからです。

金魚店やペットショップと、自宅での飼育環境は異なりますよね。

場所がちがえば水質も微妙ながらちがいますし、いっしょに飼育している個体の数や水温、その他全体的な環境が変化します。

江戸錦を含む金魚は、環境の変化に弱いところがあります。

なので、うまく環境になじめるよう配慮してあげないと、適応しきれずに死んでしまうのです。

水槽の底でじっとして動かないときは、なんとか環境に適応しようと頑張っている状態です。

このときは、餌をあたえないようにし、そして塩水浴で江戸錦の負担を軽減することが重要です。

環境の適応に体力を集中できるようにするためです。

導入後の環境変化に金魚が対応できる環境作りとして、水合わせや水温合わせ、トリートメントがあります。

環境の変化の負担を大幅に軽減することができます。

新しく江戸錦を連れて帰ってきたときは、必ず行うようにしてください。

金魚の水合わせ、水温合わせのやり方【失敗しない方法】

水質の悪化を防ぐ

最初のハードルである導入時を乗り切ることができたら、次のハードルとしては水質の悪化です。

江戸錦にとって水質の悪化は、健康に直接害をおよぼすことになります。

なので、健康に生きていけるよう、良い水質を維持してあげてください。

水質を維持するためには、次の3つが重要です。

水質を維持する方法

  • 過密飼育しない
  • 餌をやりすぎない
  • 定期的なメンテナンス

まず、水槽にたくさんの数の金魚を入れすぎないことですね。

金魚に悪影響をあたえるのは、金魚が出す排泄物と餌の食べ残しです。

金魚の数が多すぎると、排泄物が増え水が汚れやすくなります。

また、餌をやりすぎて水槽に残ってしまうと、水が汚れます。

これらの汚れは、生物濾過によって分解していきますが、定期的な水換えによって排出することも必要です。

そして、水換えで排除しきれない砂利の汚れや、濾過槽の汚れについても、定期的に掃除をする必要があります。

金魚の水換えの方法【便利な道具も紹介します】

餌をやりすぎない

餌のやりすぎは、水質の悪化以外にも江戸錦に有害となります。

餌を食べ過ぎると、消化不良を起こしてしまうからです。

消化不良は、さまざまな病気の原因となります。

身体自体の変化を起こしたり、免疫力の低下を招いたりするからです。

食べすぎによる消化不良が直接引き起こす病気としては、転覆病があります。

転覆病は、消化不良で体内にガスが発生したり、浮袋に影響をあたえることによって発生すると言われています。

江戸錦は転覆病を起こしやすい品種なので、消化不良をできるだけさけるようにしてください。

金魚の消化不良の原因と改善方法について【餌やりがポイントです】

スポンサーリンク

【金魚】江戸錦の寿命はどれぐらい?長生きさせるコツとは?

江戸錦の寿命と長生きさせるコツについて書きました。

金魚全般的に、品種としての本来の寿命は長いものの、まちがった飼育方法によってすぐに死なせてしまうことが少なくありません。

逆に、正しく飼育すれば、それなりに長生きしてくれることも多いです。

なので、正しい飼育方法を身に付けるようにしてください。

初心者で、基本的な金魚の飼育方法を知りたいかたは、金魚の飼い方や必要な道具などを初心者向けにわかりやすく解説!!をご覧ください。

ということで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました