【金魚】東錦の大きさはどれぐらいまで成長する?大きくするコツは?

金魚の飼い方

東錦の大きさを知りたい人「東錦の大きさを知りたい。東錦を飼っているんだけれど、どこまで大きくなるのかな?あと、せっかくだから大きく育てたいと思っている。なにかコツはあるのかな?」

こんな疑問を解決します

この記事の内容
東錦の大きさや、大きく育てるコツについて書いています

こんにちは、せいじです。

金魚飼育を10年以上楽しんでいます。

キャリコ柄が好きで、東錦にも魅了されています。

特に質が良く、大きく成長した東錦の魅力は素晴らしいものがありますね。

そんな東錦ですが、どれぐらいの大きさまで成長するのでしょう。

東錦は、おおよそ20~25cmぐらいの大きさになります。

大きくする際のポイントとしては、品種の特徴である頭部の肉瘤をいかに発達させるかが重要です。

というわけで、今回は東錦がどれぐらいまで大きくなるのかや、大きく育てるコツについて書いていきます。

なお、東錦のことを網羅的に知りたいかたは、【金魚の品種】東錦とは?特徴や大きさ、寿命、飼育方法を解説をご覧ください。

スポンサーリンク

東錦の大きさはどれぐらいまで成長する?

では、東錦の大きさについてまとめていきます。

平均的な大きさと、品種としてのマックスの大きさを見ていきたいと思います。

東錦の平均的な大きさは?

東錦は、金魚の品種の中では大型の部類に入ります。

ですから、大きくなる環境を整え、1日2~3回餌をあたえることで、平均して20~25㎝ほどまで成長させることができます。

もちろん、そこに至るまでにうまく飼育してあげることが必要になってきますが、比較的丈夫な品種でもあるので、可能性は十分あります。

大きく成長した東錦は、キャリコ柄の美しさに加えて、肉瘤をそなえた迫力のある姿を楽しませてくれます。

東錦は最大でどれぐらいまで大きくなるの?

東錦の最大の大きさは、30㎝ほどになります。

オランダ獅子頭と同じぐらいのサイズにまで成長する可能性があります。

30cmまで育てるのはなかなかむずかしいかもしれませんが・・・。

スポンサーリンク

東錦を大きくするコツは?

ここからは東錦を大きくするコツについて書いていきます。

基本的な飼育方法としては、リンクの記事をご覧ください。

金魚の飼い方や必要な道具などを初心者向けにわかりやすく解説!!

飼育環境を広く大きくする

東錦をふくめ、金魚を大きく成長させるためには、大きな水槽や容器で飼育する必要があります。

なぜなら、金魚は容器のサイズにあわせて大きく成長しやすくなるからです。

つまり、大きな容器のほうが、効率よく成長してくれるのです。

また、金魚を健康に育てるためにも、大きな容器のほうが良いです。

そして、大きい環境に少ない数の金魚を飼うことで、健康管理がしやすくなります。

まとめると、次のようなメリットがあります。

大きな水槽で少ない金魚を飼うメリット

  • 水が汚れにくくなる
  • 金魚のストレスが軽減できる
  • 効率よく成長させられる

金魚の健康を害する要素として、もっとも大きいのは金魚の排泄物による水の汚れです。

金魚を、大きな容器で少ない数飼育すれば、水槽の水は汚れにくくなります。

ですから、金魚にあたえる害も少なくなるのです。

また、金魚は十分に泳げない環境だと、ストレスを感じます。

大きな水槽で、しっかりと泳げるほうが、ストレスを軽減することができるのです。

そして、泳げる環境は、餌を食べた際の消化についてもプラスになります。

泳ぐことで人間でいう腹ごなしができるからです。

消化不良は転覆病などの病気につながります。

東錦は転覆病になりやすい傾向があるので、消化が良くなる環境整備は重要ですね。

なので、水槽であれば60cm以上のもので飼育するようにしてください。

金魚の飼育!60㎝水槽セットはどんなときに買うべき?おすすめあり

餌をしっかりとあたえる

東錦が大きくなるためには、環境とともに餌をたくさん食べることが必要になります。

金魚の基本飼育としては、1日に1回の餌やりで健康に育てることができますが、大きくするためには複数回餌をあたえなければなりません。

東錦であれば、1日に3~5回ほどあたえるといいですね。

ただし、餌の回数を増やす場合は、水温を目安としてください。

25℃以上であれば、5回餌をあたえても大丈夫ですが、水温が低くなると消化不良を起こすリスクが高くなります。

というのも、金魚は水温によって消化能力が変わるからです。

20℃を切ったら、1日1回~2回にとどめておくほうがいいですね。

そして、15℃を切ったら、1回にしてください。

さらに気温が低下し、10℃を切るようになると、あきらかに金魚の活動は低下します。

この段階では餌切りが必要になります。

つまり、まったく餌をあたえないようにするのです。

水温と餌の関係についての詳細は、金魚は水温によって餌の調整が必要!失敗しない方法を紹介しますをご覧ください。

東錦の成長を促進する餌とは?

さて、東錦を大きく育てるためには、餌の回数に加えて餌選びも重要です。

金魚の餌は、種類によって成分の構成がちがいます。

ですから、大きく成長しやすい餌を選んだほうが、効率が良くなります。

また、東錦は肉瘤が特徴の品種です。

肉瘤も餌の成分によって、発達具合が変わります。

東錦には、身体が大きく成長しやすく、さらに肉瘤も発達する餌が適しています。

まとめると、次のような要素を持つ餌が良いですね。

東錦に適している餌の特徴

  • 浮上性
  • 高たんぱく
  • 高脂肪

東錦は比較的泳ぎが得意な品種になります。

なので、浮上性の餌が適しています。

浮上性の餌であれば、食べ残しによる水の汚れを避けることができるからです。

【金魚の餌】浮上性タイプのメリット・デメリットをわかりやすく解説

また、高たんぱく、高脂肪の餌は、東錦の身体と肉瘤の成長を促進させてくれます。

これらの要素を兼ね備えた餌が、次のものになります。

ただし、高たんぱく、高脂肪の餌は、消化が悪くなるので注意が必要です。

水温が低いときは、低たんぱくの餌に切り替えるようにしてください。

【金魚】冬の餌やりをわかりやすく解説【おすすめの餌も紹介】

スポンサーリンク

【金魚】東錦の大きさはどれぐらいまで成長する?大きくするコツは?:まとめ

東錦の大きさや、大きく育てるコツについて書きました。

東錦はオランダ獅子頭と同じく、大きく成長する品種となります。

ただし、大きく成長させるためには、適切な環境整備と、大きくするための飼育方法が必要です。

大きく成長した東錦は、見ごたえあふれる姿を披露してくれます。

本記事を参考に、ぜひ立派な東錦を育ててください。

ちなみに、東錦を成長させるためには、長生きさせることも重要です。

【金魚】東錦の寿命はどれぐらい?長生きさせるコツは?もご覧いただけるとうれしいです。

ということで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました