スポンサーリンク
スポンサーリンク

【金魚】冬の餌やりをわかりやすく解説【おすすめの餌も紹介】

金魚の飼い方

冬の餌やりについて悩む人「冬の金魚の餌やりについて知りたい。金魚を健康に冬越しさせるため、餌をあげる量や頻度を教えてほしいです。できればおすすめの餌を紹介してくれると嬉しい。

こんな疑問を解決します

この記事の内容

  • 冬の金魚の餌やり(判断軸、量、頻度)がわかる
  • 冬におすすめの餌がわかる

こんにちは、せいじです。

金魚飼育でもっとも楽しい時間と言っても過言ではないのが餌やりですよね。

人の姿を見て、必死で「餌をくれ!」とアピールする金魚の姿はとても愛らしいものです。

しかし、その愛らしさに負けて餌をあげ過ぎると、金魚がお星さまになってしまいます。

特に冬場の金魚の餌やりは慎重に行わなければなりません。

というわけで、今回は冬の金魚の餌やりについて書いていきます。

スポンサーリンク

金魚の冬の餌やりをわかりやすく解説

繰り返しになりますが、金魚の餌やりは、普段からも消化不良に注意が必要で、さらに冬はより一層慎重に行わなければなりません。

なぜなら、金魚は胃を持たない生き物だからです。

厳密にいうと、胃らしきものはあるのですが、ほぼないに等しいほどです。

なので、消化能力がとても低いのです。

消化不良によって体調不良を起こしやすい生き物、ということを理解しておいてください。

基本的には冬になると餌の種類を変え、量を減らしていく必要があります。

ポイントは次の通りです。

  • 金魚の冬の餌やりの判断は?
  • 餌やりの量はどれぐらい?
  • 餌やりの頻度はどれぐらい?

掘り下げていきます。

金魚の冬の餌やりの判断は水温

  • 水温が18℃未満になったら、餌を冬用に切り替える
  • 水温が10℃未満になったら、餌を基本あげない

金魚にとっての「冬」をどのように判断するかというと、水温によります。

日本の冬は寒くなりますが、南国の冬は暖かいですよね。

だから、金魚が「冬だ」と感じる水温が、金魚にとっての冬になります。

金魚が生活するのに適した水温は、18℃〜28℃ぐらいです。

冬向けの対応が必要になるのは、水温が18℃を下回ってからです。

そして、さらに10℃を下回ると金魚は冬眠状態になります。

水槽の下の方でじっとしだしたら、餌をやらないでください。

大丈夫!金魚は餌を食べなくても、そう簡単には死にませんので。

金魚の冬の餌やりの量は?

  • 1回の餌の量を減らす(2~3粒でもいい)

水温が18℃〜25℃の場合は、通常通り餌を与えてください。

しかし、18℃を下回ってきた場合は、餌の1回量を減らしましょう。

通常5分程度で食べきれる量、というのがひとつの目安ですが、それよりも少ない量にしてください。

粒状の餌であれば、2〜3粒程度で大丈夫です。

冬の餌やりは金魚を大きくする目的ではなく、生命を維持する目的であげましょう。

金魚の冬の餌やりの頻度は?

  • 餌やりの頻度は1日1回程度にしておく
  • 冬に成長させようとしない

水温が18℃を下回ってきたら、餌は1日1回程度におさえましょう。

与えれば与えるほど体調を崩す可能性が高くなるので。

飼い主の姿を見て、餌くれくれダンスを踊ってくれるかもしれませんが、そこはぐっと我慢してください。

愛する金魚さんの命を最優先しましょう。

金魚の冬の餌に適しているのは?

  • 低たんぱく・低脂肪の餌が冬には向いている

金魚の消化に良いのは、低たんぱく、低脂肪の餌です。

なので、冬場にはそのような餌をあげましょう。

逆に成長を促すには、高たんぱく、高脂肪の餌が有効です。

水温が18℃以上あり、活発に活動している時はそのような餌を与えましょう。

水温に応じて餌の種類を変えてあげると金魚が元気に成長することができます。

スポンサーリンク

金魚の冬の餌おすすめ

寒い冬におすすめの金魚の餌をピックアップします。

ポイントは、たんぱく質や脂肪が少ない、消化の良い餌を与えることです。

以下の商品がオススメですね。

  • aquarium fish food series「ff num35」金魚用フード低水温用浮上性300g
  • 懐古堂 金魚専用餌8番 沈下性100g
  • 懐古堂 金魚専用餌9番 沈下性200g

ご検討ください。

aquarium fish food series「ff num35」金魚用フード低水温用浮上性 300g

粗タンパク質:32%以上、粗脂肪:3%以上

後で紹介する他の2種類よりはタンパク、脂肪ともに高めですが、500円台で手に入るので、低水温用としてはリーズナブルです。

個人的にはこれで十分かと思います。

懐古堂 金魚専用餌8番 沈下性100g

粗蛋白:28%以上、粗脂肪:1.5%以上

オリジナルスポンジフィルターで有名な懐古堂の低水温用の餌です。

1500円台と値段は高いですが、低水温でも安心して食べられる餌になっています。

懐古堂の提案としては、この8番を低水温期に金魚を動かすスターターとして使い、金魚の動きが良くなってきたら9番を通常食として使うことをすすめています。

懐古堂 金魚専用餌9番 沈下性200g

粗蛋白:29%以上、粗脂肪:2%以上

懐古堂の低水温期の主力となる餌です。

金魚の状態が良ければ、10℃以下でも給餌可能とうたわれています。

スポンサーリンク

まとめ

金魚の冬の餌やりと、おすすめの餌について書きました。

冬は金魚を成長させるというより、元気に春を迎えられるよう、健康を維持するという考えの方が良いですね。

春に繁殖に取り組む人は特に、秋から冬にかけての飼い方が大切になってきます。

というわけで、冬は無理に餌をあげないようにしましょう。

餌のあげすぎを含め、金魚の病気の防止についての関連記事を貼っておきます。

読んでいただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました