スポンサーリンク
スポンサーリンク

【金魚】コメットはどんな性格?他の金魚と混泳できる?

金魚の種類

コメットの性格を知りたい人「コメットの性格を知りたい。金魚の品種のひとつ、コメットを飼育したいと思っているんだけど、どんな性格をしているんだろう?他の品種の金魚と混泳させても大丈夫なんだろうか?」

こんな疑問を解決します。

この記事の内容
コメットがどんな性格をしているのか、そして混泳に向いている金魚、そうでない金魚について書いています。この記事を読むことで、コメットの性格と混泳できる金魚の品種がわかります。

こんにちは、せいじです。

金魚の飼育を10年以上しており、金魚のふるさと、奈良県大和郡山市より金魚マイスターの認定を受けています。

さて、今回は金魚の品種のひとつである、コメットの性格と他の品種との混泳の相性について書いていきます。

コメットの性格には、泳ぎの早い金魚にありがちな攻撃性が見られます。

ですから、特に生活スピードがちがう、ゆったりと泳ぐ品種や小さな金魚に対しては、つついたりすることがあります。

なので、混泳させるには、同じ和金型の品種がいいでしょう。

というわけで、コメットの性格や混泳に向いている品種、向いていない品種について解説していきます。

スポンサーリンク

【金魚】コメットはどんな性格をしているの?

では、コメットの性格について掘り下げていきます。

コメットの性格は琉金に似ている?

コメットは琉金の突然変異によって誕生しました。

ですから、琉金のおっとりした性格に似ているのかと思われるかもしれませんが、残念ながらそうではないようです。

琉金よりも、体型の近い和金に似た性格をしていると言えます。

コメットの性格はきつめ?

コメットは和金に近い性格と書きましたが、それは「きつい」ところがあるという意味です。

和金型の金魚には、泳ぎの遅い金魚や、小さな金魚をつつくといった行動が見られます。

コメットも例外ではなく、泳ぎの苦手な品種と混泳させると、つつくような行動をします。

この行動については、なわばり意識が原因といった説もありますし、生活スピードのちがいによるもの、という説もあります。

また、共食いしようとしているケースもあるようです。

金魚が共食いをする原因や理由と防ぐ方法を解説

泳ぎの得意な品種はきつい傾向がある

さて、繰り返しになりますが、和金型の泳ぎが得意な金魚は、きつい性格をしている傾向があるようです。

なぜなら、他の金魚にちょっかいを出しやすい品種は、和金や朱文金、コメットといった和金型の金魚によく見られるからです。

泳ぎのスピードが速いことによって、遅い品種とは生活リズムが合わないのが原因かもしれません。

もしくは、自分とはちがいすぎて、同じ金魚の仲間と認識していないかもしれませんね。

いずれにせよ、泳ぎの苦手な品種との混泳は避けたほうがいいでしょう。

具体的な品種は後述します。

スポンサーリンク

コメットは他の金魚の品種と混泳できる?

泳ぎが得意で生活スピードの速いコメットですが、他の品種との混泳については基本的に可能です。

ただし、混泳させる場合、泳ぎのレベルが似たような品種にしたほうがいいですね。

逆に、泳ぎのレベルに差がある品種は、混泳を避けたほうが無難です。

コメットの生活スピードについて行けず、混泳する品種の金魚がストレスを感じてしまうからです。

具体的に混泳の相性が良い品種と、混泳を避けたほうが良い品種について書いていきます。

コメットは和金型の品種との混泳が向いている

コメットが混泳するのに向いている品種とは、和金型の品種です。

なぜなら、泳ぎのレベルが近いからです。

具体的には次のような品種となります。

コメットと混泳の相性が良い品種

  • 和金
  • 朱文金
  • ブリストル朱文金

この3品種であれば、泳ぎの能力が近く、生活スピードが似ているため、混泳に向いています。

コメットを複数水槽に入れているのとあまり変わらない環境になります。

オランダ型でも混泳は可能

和金型以外との混泳をしたい場合は、オランダ型であれば大丈夫でしょう。

オランダ型は和金型の次に泳ぎが得意だからです。

具体的には、次のような品種です。

コメットと混泳が可能な品種

  • オランダ獅子頭
  • 東錦
  • 丹頂
  • 青文魚
  • 茶金

泳ぎの苦手な品種との混泳は避けたほうが良い

コメットとの混泳を避けたほうが良いのは、泳ぎが苦手な品種です。

泳ぎの早いコメットと混泳すると、ストレスを受けるからです。

たとえば、餌をあたえても、コメットが素早く泳いで食べてしまい、泳ぎの苦手な品種はなかなか食べることができません。

また、コメットにつつかれるなど、ちょっかいを出されることもあります。

これらのストレスによって、弱ってしまう可能性が高いのです。

なので、泳ぎの苦手な品種との混泳は避けてください。

具体的な品種は次の通りです。

コメットと混泳の相性が悪い品種

  • らんちゅう
  • 水泡眼
  • 頂天眼
  • ピンポンパール

この他にも、上記の品種と泳ぎの能力が近い品種は、混泳を避けたほうが良いです。

あくまでも相性であって絶対ではない

混泳に向く、向かないについては、あくまで品種の相性であり、絶対に不可能というわけではありません。

品種以外に個体同士の相性があるからです。

いろいろな品種をひとつの水槽に入れて、それでも問題なく飼育している人もいます。

逆に、同じ品種ばかりで飼育していても、つつき合いをするので分けて飼育をする、といったこともあります。

最終的には個体同士の相性がどうか、ということになりますね。

スポンサーリンク

【金魚】コメットの性格と他の金魚との混泳について:まとめ

コメットの性格と、他の品種との混泳について書きました。

和金型の金魚の傾向にたがわず、コメットもきつめの性格をしています。

泳ぎのスピードが速いために、生活スピードも速いからです。

なので、ゆっくりと過ごす品種との生活は、合いません。

混泳させるのであれば、同じような生活スピードを持った品種とのほうが相性が良いです。

なお、コメットの品種としての特徴を知りたいかたは、金魚のコメットの特徴や種類を解説しますをご覧ください。

ということで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました