金魚の水槽にはフィルター(濾過器)だけで酸素が供給される?

金魚の飼い方

水槽への酸素の供給に悩む人「金魚の水槽って、エアレーションはいらないのかな?この前、水槽のセットを買ったんだけれど、そこにエアポンプなどエアレーションの道具が入ってなかったんだよね。飼育に必要な道具がすべてセットになってるって書いてあったんだけれど、ということはエアレーションしなくても大丈夫ってこと?濾過器だけで酸素が供給されるのかな?」

こんな疑問を解決します

この記事の内容
金魚の飼育で濾過器だけで酸素が供給されるかどうかについて書いています

こんにちは、せいじです。

金魚の飼育を10年以上しており、金魚のふるさと奈良県大和郡山市より金魚マイスターの認定を受けています。

さて、水槽につきものの道具としてエアレーション、俗にいうブクブクがあります。

金魚が生きていくためには酸素が必要だからです。

ところが、エアレーションをしていない水槽も少なくありません。

では、エアレーションを設置していない場合、飼育水への酸素の供給はどうなっているのでしょうか。

実は、酸素は上部フィルターや外部フィルター、壁掛けフィルターによっても供給することができます。

ですから、エアレーションがなくても、金魚が生きていくために必要な酸素が十分に確保できるのです。

そこで疑問になってくるのが、泡がないのに酸素が供給されるのはどうしてか?ということですよね。

というわけで、今回は金魚の水槽にフィルター(濾過器)だけで酸素が供給される仕組みについて解説していきます。

スポンサーリンク

金魚の水槽にはフィルター(濾過器)だけで酸素が供給される?

 

 

では、金魚の水槽にフィルター(濾過器)だけで酸素が供給されるしくみについて見ていきたいと思います。

そのしくみを理解するためには、飼育水に酸素が溶け込むメカニズムを知る必要があります。

エアレーションの泡が酸素を供給しているわけではない

多くの人は、飼育水の中で気泡を発生させることによって酸素が溶け込む、と思っているのではないでしょうか。

つまり、空気を水中に送り込むことによって、空気の中の酸素が水中に溶け込むというとらえ方ですね。

私もずっとそう思っていました。

しかし、実際は気泡によって酸素が溶け込むのはごくわずかです。

ですから、気泡で金魚が十分に生きられるほどの酸素が供給されるわけではないのです。

では、どうやって酸素が水中に供給されるのか?

それは、気泡によって水面が揺れることにより、水面から酸素が取り込まれるのです。

水面が揺れることで酸素が水中に溶け込む

つまり、エアレーションの目的は、水中に酸素を直接供給することではなく、気泡によって水面を揺らすことにあります。

水は空気に触れることにより、酸素を取り込みます。

ですから、エアレーションをしなくても、ある程度は水面から酸素が水中に入ってくるのです。

間口の広い容器で少数の金魚であれば、エアレーションやフィルター(濾過器)がなくても飼育できるのはそのためです。

しかし、なんらかの方法で水面に揺れを発生させると、水面が空気に触れる面積が広くなります。

なので、よりたくさんの酸素を水中に取り込むことができるようになります。

水を循環させることで飼育水に酸素は供給される

壁掛けフィルターや上部フィルター、外部フィルターなどのフィルター(濾過器)では、水を循環させることによって水面の揺れが発生します。

ポンプでくみ上げた水が濾過槽を通って水槽に戻る際、水面を揺らしますよね。

さらに、上部フィルターや壁掛けフィルターであれば、濾過層を通る過程でたっぷりと空気に触れます。

その結果、金魚が生きていくのに十分な酸素が供給されるのです。

スポンサーリンク

フィルター(濾過器)を使用していてもエアレーションしたほうが良いケース

フィルター(濾過器)があれば、エアレーションがなくても酸素が供給されるのがわかっていただけたと思います。

とはいえ、フィルター(濾過器)を使用していても、環境によっては追加でエアレーションをしたほうが良いケースがあります。

具体的には次のような場合ですね。

エアレーションをした方が良い場合

  • 塩水浴を実施している
  • 夏場に水温が上昇している
  • 過密飼育になっている

掘り下げていきます。

塩水浴を実施している

金魚を飼育していると、塩水浴を実施することがちょくちょくあります。

塩水浴は、金魚の体調不良や病気の改善に効果があるからです。

金魚の塩水浴とは?やり方や効果をわかりやすく解説

なので、金魚の健康維持には、不可欠なんですよね。

ただし、塩水浴をする場合、酸欠に注意が必要となります。

塩水は真水とくらべるて、水中に取り込むことができる酸素の量が少なくなるからです。

ですから、より多くの酸素を供給する必要があるんですね。

夏場に水温が上昇している

水が酸素を取り込める量は、水温によっても変わります。

水温が高くなると、取り込める酸素の量が減少するのです。

なので、水温が30℃を超えるような真夏では、エアレーションをしておいたほうが安心ですね。

もしくは、水温を下げて酸素の量を確保するようにしてください。

夏の暑さ対策!金魚水槽の水温を下げる方法10個

過密飼育になっている

ひとつの水槽にたくさんの金魚を飼育する場合も、エアレーションが必要です。

金魚がたくさんいるほど、必要な酸素の量は増えるからです。

フィルター(濾過器)だけでは、酸素が足りなくなる可能性が高くなります。

ただ、酸素の問題は別にしても、過密飼育は避けたほうが良いですね。

水の汚れなどにより、金魚が多大なストレスを感じるからです。

ストレスは金魚が病気になる原因となります。

健康に長生きさせたいのであれば、ゆったりと飼育するようにしてください。

金魚1匹あたりに必要な水量の目安は?説の検証によって考える

スポンサーリンク

金魚の水槽にはフィルター(濾過器)だけで酸素が供給される?:まとめ

金魚の水槽では、エアレーションがなくても酸素が供給されるしくみについて書きました。

フィルターがその役割を果たしてくれるからですね。

なので、無理にエアレーションをする必要はありません。

本記事のポイントをまとめます。

  • フィルター(濾過器)だけで金魚に必要な酸素は供給できる
  • 水面の揺れによって酸素は水中に取り込まれるから
  • ただし、環境によっては酸欠になることがある
  • その場合は、エアレーションの設置によって解決できる

この記事に掲載しているリンクをまとめます。

ということで、今回はこのへんで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました