【金魚】東錦の寿命はどれぐらい?長生きさせるコツは?

金魚の飼い方

東錦の寿命を知りたい人「東錦の寿命を知りたい。東錦ってどれぐらい生きるのかな。そして、長生きさせるためにはどうしたらいい?コツがあったら知りたいな」

こんな疑問を解決します

この記事の内容
金魚の品種のひとつ、東錦の寿命や長生きさせるコツについて書いています

こんにちは、せいじです。

東錦をふくめ、金魚の飼育を10年以上しています。

また、金魚のふるさと、奈良県大和郡山市より金魚マイスターの認定を受けています。

さて、今回は東錦の寿命について見ていきたいと思います。

東錦はオランダ獅子頭の体型で、モザイク透明鱗といううろこをもった品種です。

金魚の中では丈夫で長生きする種類になります。

平均すると5~6年、品種としては10年ほどの寿命を持っています。

というわけで、東錦の寿命や長生きさせるコツについて掘り下げていきます。

スポンサーリンク

【金魚】東錦の寿命はどれぐらい?

では、東錦の寿命を見ていきましょう。

実際に飼育した場合の平均寿命と、本当はどれぐらい生きる力を持っているのか、といった品種としての寿命にわけて見ていきます。

東錦の平均的な寿命はどれぐらい?

東錦の平均寿命は、5~6年とされています。

ただし、私が飼育している実感としては、2~3年といったところではないでしょうか。

金魚飼育に長けていない人であれば、2年生きれば長生きしたほうになるかもしれません。

ところで、長生きしてくれるかどうかについては、2つのハードルがあります。

1つ目は東錦を買ってきて、家で飼い始めた直後から1週間ほどの間です。

家の環境になじめずに、死んでしまうことが多いからです。

というのも、東錦は私たちの家にやってくるまでに、数度大きな環境の変化を強いられています。

まず、金魚池から市場へと移動します。

そして、市場から金魚屋さんやペットショップなどの小売店に移り、やっと私たちの手元にやってくるのです。

だだっ広く、自然の恵みを受けながら生活していた東錦が、小さな水槽の中で、人の目にさらされる環境に突然変わるのです。

さらに、この環境の変化に加えて、長距離の移動を経験している場合も多くあります。

ですから、一見元気に見えても、心身ともに疲れはてている可能性があります。

そのうえで、私たちが飼育している水槽などの環境に適応し、居ついてくれるかがポイントとなるのです。

たとえば、人間でも海外旅行をした場合、長距離の移動や環境の変化によって、身体的に疲れますよね。

旅行から自宅に戻ったあと、疲れが出てしまうことも少なくありません。

人間ですらストレスを感じるのですから、小さな東錦の負担はさらに大きなものになります。

ですから、導入後すぐに死んでしまうケースが多いのです。

逆に、導入直後の1週間を乗り切ることができたら、まずは第一関門を突破したと考えてよいでしょう。

そのために重要なのはトリートメントです。

金魚の導入時には必須となります。

ぜひ丁寧にしてあげてください。

金魚のトリートメントとは?【新しく金魚を飼うときは必須です】

ポイントの2つ目は、餌やりです。

東錦をふくむ、金魚がすぐに死んでしまう原因の大半は、まちがった餌やりによるものです。

金魚は胃をもたないため、消化能力が弱いです。

また、変温動物のため、水温の変化によって活動量が変化します。

その影響は消化能力のにも及びます。

水温が高いと消化能力が向上し、低いと消化能力が下がります。

ただでさえ消化能力の低い金魚に、さらに能力が低下する低水温時に餌をあたえるということは、わざと消化不良にしているようなものです。

そして、その消化不良が、東錦の命を奪うことになるのです。

これらのポイントをしっかりおさえて飼育することができれば、東錦は長生きしてくれるようになります。

金魚は水温によって餌の調整が必要!失敗しない方法を紹介します

東錦は最大どれぐらいまで生きることができる?

東錦の品種としての寿命は10年ほどとされています。

しかし、これまで書いてきたように、飼育方法によって寿命をまっとうできるかどうかが決まります。

10年ほどの寿命をしっかりとまっとうしてもらうためには、正しい飼育方法を実践しなければなりません。

そうでないと、短期間でかんたんに死なせてしまうことになります。

スポンサーリンク

東錦を長生きさせるコツは?

ここからは東錦を長生きさせるコツについて書いていきます。

することはいたってシンプルですが、経験がものをいうところでもあります。

というのも、金魚や水槽の異常をいち早く察知し、対策を講じることで、東錦を長生きさせることができるからです。

まずその前提として、適切な環境作りが必要ですね。

大きな容器でゆったりと飼育する

東錦を長生きさせるためには、大きめの容器でゆったりと飼育するようにしてください。

水質の悪化やストレスが軽減されるからです。

水が汚れる原因は、金魚の排泄物です。

小さな容器で飼育したり、たくさんの数の東錦を飼育すると、水は汚れやすくなります。

また、環境がせまいと、しっかりと泳げなかったりして、東錦はストレスを感じます。

それらのストレスを排除することで、東錦が長生きしてくれる可能性があがります。

正しい餌やり、餌切りをおこなう

前述したとおり、東錦が死んでしまう原因の多くは、まちがった餌のあたえかたによります。

その結果、消化不良を起こしてしまうのです。

たとえば、東錦をつれて帰ってきてから3日~1週間は餌をあたえてはいけません。

また、水温が10℃を切っても、餌をあたえてはいけません。

なぜなら、消化能力が著しく低下しているからです。

このように、東錦をはじめとする金魚は、水温や環境によって餌を切る必要があるのです。

生き物なんだから、餌をあたえないと死んでしまうんじゃないの?

と心配になるかもしれません。

しかし、金魚は生きていくのにそれほど多くのエネルギーを必要としない生き物なのです。

ですから、仮に1ヶ月餌をあたえなくても、餓死することはありません。

むしろ、あげてしまうことで死なせることがほとんどなのです。

正しい餌やりの知識をもつことが、東錦を長生きさえる秘訣となります。

金魚に餌をあげないで!餌切りが金魚を死なせない秘訣です

日々の観察と塩水浴を効果的に使う

金魚の場合、病気を予防する、もしくは初期の段階で発見して治療することが非常に重要です。

なぜなら、症状がはっきりわかる段階では、すでに手遅れの場合が多いからです。

なので、日々の観察によって、金魚の体調の変化を把握することが必要なのです。

そして、少しでも東錦の体調に変化が見られたら、塩水浴を実施して体調を整えるようにしてください。

【重要】金魚の病気を予防する6つの方法とは【かんたんです】

スポンサーリンク

【金魚】東錦の寿命はどれぐらい?長生きさせるコツは?:まとめ

東錦の平均寿命や、品種としての寿命、そして、長生きさせるコツについて書きました。

東錦は、金魚の中では比較的丈夫な品種です。

飼育方法もむずかしくはありません。

金魚を飼育する基本をおさえておけば、そして、管理を怠らなければ、ある程度長生きさせることができるはずです。

また、大きく成長する品種でもあるので、長生きさせつつ、大きく育ててあげてください。

大きさについての詳細は、【金魚の品種】東錦とは?特徴や大きさ、寿命、飼育方法を解説をごらんください。

ということで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました