スポンサーリンク
スポンサーリンク

金魚の稚魚が動かないのはどうして?【理由を説明します】

金魚の繁殖

稚魚を育てたい人「卵から孵化した稚魚が動かない。餌をあげても動かないので心配でしかたがないよ。死んでるのかな?具合が悪いのかな?大丈夫だろうか?」

こんな悩みを解決します。

この記事の内容
  • 金魚の稚魚が動かない原因がわかる
  • 金魚の稚魚が死ぬ原因がわかる

こんにちは、せいじです。

10年ほど、金魚の繁殖をしています。

今回は、生まれた金魚の稚魚が動かない理由について書いていきます。

繁殖をはじめた当初、私も動かない稚魚にとまどいました。

餌も食べないし、ずっと容器の壁や産卵床にくっついたままです。

弱っているんじゃないか?このまま死んでしまうんじゃないかと心配したものです。

しかし、結論から言うと、大丈夫です。

そのあたりを詳しく書いていきます。

なお、金魚の稚魚の育て方については、金魚の稚魚の育て方を網羅的に解説します【初心者でもわかる】に書いています。

読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

金魚の稚魚が動かない原因は?

生まれてすぐの稚魚が動かないのには理由があります。

そのあたりを詳しく解説していきます。

孵化後すぐには泳ぎません

金魚の稚魚は孵化後すぐには活動しません。

水槽や容器の壁面、産卵床などにくっついてじっとしています。

なので、よく見ないと孵化してるかどうかも気づかないことがあります(笑)

稚魚が生まれてすぐに動かない理由は次のとおりです。

稚魚が孵化後すぐに動かない理由

  • 体力がまだ不十分
  • 口や消化器官の準備が不十分
  • さいのう(ヨークサック)と呼ばれる栄養素をお腹に装備

生まれたての稚魚はまだすぐに動ける体力がありません。

それに餌を食べるほどの機能も整っていません。

それでも大丈夫なように、お腹にさいのう(ヨークサック)と呼ばれる栄養の入った袋を備えており、その栄養でしばらく生活します。

自然の原理として、生まれてすぐに動くと、すぐにほかの生物の餌になってしまう、ということもあるのかもしれません。

ていうか、まず親魚が食べてしまうぐらいですからね(笑)

なので、生まれてすぐの稚魚は3日間ほど動かずにじっとしているのです。

餌をやっても食べない

くりかえしになりますが、生まれてすぐの稚魚は餌を食べられる状態にはありません。

それに、餌を食べなくても栄養を自分のお腹に持っています。

なので、餌をあたえても食べません。

だから、しばらくはそっとしておきましょう。

餌をやるだけ水が汚れるだけ、ということになります。

餌をやるのはいつから?

では、稚魚はいつまでじっとしているのでしょう?

さいのう(ヨークサック)の栄養はだいたい2〜3日でなくなります。

栄養が摂れなくなった稚魚は、徐々に泳ぎはじめます。

これを専門用語で「稚魚が立つ」と言います。

稚魚が泳ぎはじめたら、給餌開始の合図です。

最初の餌としてもっとも良いとされている、ブラインシュリンプをあたえましょう。

金魚の稚魚の餌に最適なブラインシュリンプのわかし方や給餌方法

スポンサーリンク

金魚の稚魚が死んでしまう原因

金魚の稚魚が動かない理由について書きました。

少し安心できたのではないでしょうか?

とはいえ、稚魚が本当に死にかけているか、死んでしまっている場合もあります。

確認する方法は次のとおりです。

稚魚の異常を確認するポイント

  • 孵化後3日以上経っても泳ぎだす気配がない
  • しらすのような亡骸が発生している

栄養素がなくなっているはずなのに泳ぎださないのは、異常が発生している可能性がありますね。

さらに、稚魚の死んでいる姿が確認できたら、対応が必要です。

なお、金魚の稚魚は死ぬと、上の画像のように白くなります。

とても小さいため、死ぬとすぐに水に溶けてしまい、わからないことが多いです。

日々の観察が重要ですね。

ここからは稚魚が死んでしまう原因について書いていきます。

餌が少ない

稚魚が死んでしまう理由として、栄養が足りない可能性があります。

餌を給餌するタイミングが遅いか、給餌していても足りないのかもしれません。

また、ブラインシュリンプをあたえている場合は問題ないと思いますが、人工餌の場合、食いつきが非常に悪いケースがあるのと、粒が大きすぎて食べきれないこともあります。

水質の悪化

稚魚が死ぬ原因で大きいのは、水質の悪化ですね。

稚魚は成魚とくらべるてデリケートなので、より水質には注意が必要です。

餌の量をふまえて、定期的に水換えをするようにしましょう。

金魚の稚魚の水換えを詳しく解説【秘密の道具を解禁します】

急激な水温の変化

水換えをする際に注意が必要なのは、飼育水と新しい水の水温を合わせておく、ということです。

成魚よりデリケートな稚魚ですから、極力水温を同じにするようにしてください。

水温が低い

そもそもの水温が低い可能性があります。

金魚の卵の孵化に最適とされる水温は、20℃です。

この水温を下回らないようにしたほうがいいですね。

ヒーターを使って、温度管理しましょう。

ちなみに成魚が生活するのに適している水温は18〜25℃とされています。

金魚の卵を孵化させる方法【水温が重要です】

スポンサーリンク

まとめ

金魚の稚魚が孵化後、動かない原因について書きました。

孵化直後のうちは動かなくてもまったく問題ありません。

さいのう(ヨークサック)の栄養を使いながら、泳ぎだす準備をしているので。

ただし、3日以上経過しても泳ぎ出さないようであれば、要注意です。

しらすのように死んでしまっている稚魚が発生していないか、確認するようにしてください。

そして水換えなど手を打つようにしましょう。

というわけで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました