金魚の飼育水にミネラルウォーターはなし!の理由とは

金魚の飼い方

飼育水にミネラルウォーターを使いたい人「金魚の飼育にミネラルウォーターを使って良いかどうか知りたい。最近は、人間の飲料水にミネラルウォーターを選ぶ人が増えているよね。水道水は身体に悪いよ、なんて言われて、飲む人がへってるんでしょ?。ということは、金魚を飼育するに際にも、水道水よりもミネラルウォーターの方がいいはずよね。これからは、水換えにミネラルウォーターを使おうと思っているんだけれど、どうかな?

こんな疑問を解決します

この記事の内容
金魚の飼育にミネラルウォーターが適さない理由について書いています

こんにちは、せいじです。

金魚の飼育を10年以上しており、金魚のふるさと奈良県大和郡山市より金魚マイスターの認定を受けています。

さて、金魚を健康に長生きさせるには、水道水よりもミネラルウォーターの方がいいんじゃないか?と考えたことはないでしょうか。

人間の飲料水には、水道水よりもミネラルウォーターの方が健康に良いとされていますしね。

ところが、金魚には基本的にミネラルウォーターは適しません。

むしろ、ミネラルウォーターの使用は金魚の健康を損なう恐れがあります。

その理由は、水の硬度にあります。

金魚が好む水の硬度は軟水ですが、ミネラルウォーターは硬水だからです。

というわけで、今回は金魚の飼育にミネラルウォーターが適さない理由について、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

金魚に適した水とは?

では、ミネラルウォーターが金魚の飼育に適さない理由を見る前に、そもそも金魚に適した水について整理しておきましょう。

金魚が好む水をまとめると、次のようになります。

金魚が好む水

  • 中性〜弱アルカリ性の水質
  • 軟水であること
  • つまり、カルキが含まれていない水道水

それぞれ掘り下げていきます。

水質が中性〜弱アルカリ性

まずは水質です。

水質には、酸性、中性、アルカリ性があります。

金魚が好む水質は、中性〜弱アルカリ性になります。

酸性やアルカリ性の水質での生活は、金魚にとってストレスになります。

ストレスにさらされている状態が続くと、金魚が体調を崩したり、病気になるリスクが上がります。

ですから、中性〜弱アルカリ性の水質で飼育する必要があります。

ただし、金魚に適した水質で飼育していても、金魚が出す汚れが飼育水に溜まっていくと、水質は徐々に酸性に傾いていきます。

汚れを排除し、水質を中性〜弱アルカリ性に戻すためには、定期的に水換えをする必要があるということになります。

硬度の低い軟水

水には水質の他に、硬度というものがあります。

硬度は、水に含まれるミネラルの量によって変化し、硬水、軟水に分けることができます。

ミネラルとは、カルシウムとマグネシウムのことで、水の中にミネラルが多いと硬水、少ないと軟水になります。

金魚が好むのは、ミネラルの少ない軟水になります。

カルキが含まれていない水道水

金魚に適した水質、そして水の硬度を持っているのは、日本では水道水です。

水道水は中性の水質で、軟水なんですね。

ですから、金魚を飼育するにあたっては、水道水を使うのがベストということになります。。

ただし、水道水には人間が飲んでも大丈夫なように、カルキ(塩素)を使った消毒が施されています。

人間が飲んでも大丈夫なぐらいの微量ですが、人間よりも身体が小さく、そして弱い金魚にとっては猛毒になります。

そのため、水道水で金魚を飼育するには、カルキを除去する必要があります。

つまり、カルキを除去した水道水が、金魚にもっとも適した水ということになります。

なお、水道水のカルキはかんたんに除去することができます。

除去の方法は複数あるため、詳細は【金魚】水道水のカルキ抜きをする方法を解説しますをご覧ください。

スポンサーリンク

金魚の飼育にミネラルウォーターはなし!の理由とは?

金魚にとって最適な水を確認したところで、ここからはミネラルウォーターが適さない理由について見ていきましょう。

まとめると、次のようになります。

ミネラルウォーターが適さない理由

  • ミネラルウォーターは硬水(が多い)
  • コストがかかる
  • 金魚にメリットがない

掘り下げていきます。

硬水が多い

ミネラルウォーターは、その名の通り、ミネラルを多く含んだ硬水のものが多いです。

特に、外国産のミネラルウォーターは、ほとんどが硬水です。

軟水を好む金魚には適していません。

国内のもので軟水のミネラルウォーターは存在しますが、大量に購入して金魚の飼育に使うのはどうでしょうか。

個人的にはおすすめしかねます。

コストがかかる

なぜなら、大きなコストがかかることになるからです。

それだけでなく、スーパーなどに買いに行く手間、そして、容器を捨てる手間が発生します。

費用的なコストだけでなく、時間的なコストもかかるということになるわけです。

金魚にメリットがない

そこまでしたところで、結局金魚にとってメリットは皆無です。

ですから、蛇口をひねったら出てくる水道水を使うようにしてください。

高価なミネラルウォーターよりもずっと金魚は喜んでくれるでしょう。

スポンサーリンク

金魚の飼育にミネラルウォーターはなし!の理由とは:まとめ

金魚の飼育にミネラルウォーターが適さない理由について書きました。

この記事をまとめます。

この記事のまとめ

  • 金魚が好むのは中性〜弱アルカリ性の水質で軟水
  • カルキ抜きをした水道水が最適
  • ミネラルウォーターは硬水なので適さない
  • 適さない上にコストや手間がかかる
  • 結論、カルキ抜きをした水道水を使用しましょう

ということで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました