松かさ病や転覆病に効果があるエプソムソルト浴とは?

金魚の病気

金魚の治りにくい病気として、松かさ病や転覆病があります。

これらの病気に金魚がかかってしまい、治療がうまくいかずにつらい思いをした人も少なくないはずです。

餌切りや塩水浴、そして示されている薬をもちいて治療しても改善にいたらず、頭をかかえた人も多いでしょう。

どうしてこれらの病気が治療しにくいのか、

この2つの病気の共通点として、次のようなことがあげられます。

難治性の病気の共通点

  • 原因が明確にわからない
  • 原因が複数あり、究明がむずかしい
  • 効果のある薬がない

治療ができるのは、原因がわかっていて、その原因に対して有効な処置ができる場合です。

たとえば、原因に対して効果的な薬がある、などです。

しかし、同じ症状が出る病気でも、原因がちがうと治療方法が異なります。

松かさ病や転覆病は、毎回同じ原因で発症するとは限りません。

ですから、一度うまくいった治療の再現性がなくなってしまうのです。

そこで、今回紹介するのがエプソムソルトを使った治療です。

エプソムソルト浴には、塩水浴や薬浴では得られない効果があります。

そして、その効果には、松かさ病や転覆病の改善が見込めるのです。

というわけで、今回はエプソムソルト浴について書いていきます。

スポンサーリンク

松かさ病や転覆病に効果があるエプソムソルト浴とは?

それでは、エプソムソルト浴について掘り下げていきます。

最初にエプソムソルトとはなにか、ということと、その効能、そして松かさ病や転覆病になぜ効果が見込めるのかといったことについて書いていきます。

エプソムソルトとは?

まずは、治療で使うエプソムソルトをご紹介します。

エプソムソルトは主に入浴剤として使用される硫酸マグネシウムです。

「ソルト」という名前がついていますが、塩は一切入っていません。

にもかかわらず「ソルト」とついているのは、見た目が塩に似ているからです。

そして中性にイギリスのエプソムという場所で発見されたことから、「エプソムソルト」と名付けられました。

日本ではまだなじみが薄いですが、西洋では美容や健康に効果がある入浴剤として一般家庭にも普及しています。

ちなみに、硫酸マグネシウムは温泉の成分にも入っています。

ですから、エプソムソルトの次のような効能にもうなづけるはずです。

エプソムソルトの効能

  • 筋肉をほぐす効果
  • 血流の促進効果
  • デトックス効果

これらの効果が、人間だけでなく、金魚の松かさ病や転覆病の改善に一役買ってくれるのです。

エプソムソルト浴が松かさ病や転覆病に効果がある理由

どうしてエプソムソルト浴が松かさ病や転覆病に効果があるのでしょうか。

それは、松かさ病や転覆病の症状に起因します。

松かさ&転覆病の症状

  • 肝臓や消化器系の機能低下
  • 体内に溜まった水を排出できない

松かさ病や転覆病は、内臓にダメージが及ぶ病気です。

たとえば、松かさ病では、肝臓や消化器系の機能が低下するため、体内の水圧コントロールがうまくできなくなったり、体内に溜まる水を排出できなくなったりします。

ですから、うろこが逆立つ症状とともに身体がふくらんでいき、最終的には身体のバランスを保てなくなってしまいます。

転覆病では餌の食べ過ぎなどによって消化不良を起こし、それが原因で浮いてしまいます。

これらの症状を改善するにあたって、エプソムソルト浴の効果が期待できるのです。

具体的には、筋肉をほぐす効果や血流の促進効果により、内臓の機能回復が見込め、体内に溜まった余分な水分や便などの排泄物の排出をうながすことができます。

すべての松かさ病、転覆病が治るわけではない

とはいえ、エプソムソルト浴がすべての松かさ病や転覆病で効果を発揮するわけではありません。

なぜなら、前述したように、病気の原因が他にもあるからです。

たとえば、松かさ病はエロモナスハイドロフィラという病原細菌の感染によっても発症します。

この場合は細菌を殺す治療をしないと、根本的な治療にはなりません。

また、転覆病についても、浮袋の障害が原因であったり、身体のバランスを整える機能が冒されてしまったことによる転覆病である場合は、エプソムソルト浴での改善は見込めません。

このほかにも、原因がよくわからない場合があります。

なので、エプソムソルト浴ですべてが改善されるわけではない、ということが前提になります。

ただし、前述したとおり、一部の松かさ病や転覆病を改善する効果はあります。

ですから、エプソムソルト浴によって、松かさ病や転覆病の治療の幅が広がるのはまちがいないでしょう。

スポンサーリンク

エプソムソルト浴の実施手順

ここからは、エプソムソルト浴の実施方法について書いていきます。

エプソムソルト浴では、次の点に留意してください。

エプソムソルト浴の留意点

 

  • 硫酸マグネシウム100%のものを使用
  • 0.03%までの濃度で実施

エプソムソルトは入浴剤として販売されているものを使います。

商品によっては香料などの成分が含まれているものがありますが、エプソムソルト浴では純硫酸マグネシウムのエプソムソルトを使用してください。

香料などが含まれていると、金魚に悪影響が発生するからです。

また、エプソムソルトは濃度が濃いと、ひれが溶けるなどの弊害が発生する場合があります。

そのような弊害が出ず、また効果が見込める濃度が0.03%になります。

60cm水槽であれば、水の量は約60ℓなので、18gのエプソムソルトを投入することになります。

これで1週間実施してください。

エプソムソルト浴を1週間実施して効果が見られないようであれば、他の治療に移ったほうがいいですね。

少しでも改善が見られるようであれば、半分程度の水換えをした後、0.03%のエプソムソルト浴を継続してみてください。

いちおう、松かさ病や転覆病の総合的な治療方法のリンクを貼っておきます。

参考似れば幸いです。

金魚の松かさ病の原因や治療方法とは【うろこが逆立つ病気です】

 

金魚の転覆病の治し方を解説します【不治の病から復活させましょう】

 

スポンサーリンク

松かさ病や転覆病に効果があるエプソムソルト浴とは?:まとめ

松かさ病や転覆病に効果があるエプソムソルト浴について書きました。

エプソムソルト浴は、金魚の治療としてまだまだ広く知られていません。

しかし、塩水浴や薬浴などで効果が見られない松かさ病、転覆病に対して、改善の期待がもてる治療となっています。

すべての松かさ病、転覆病が改善するわけではありませんが、他の治療とあわせて実施することで、治療の幅を広げることができます。

なので、治療の選択肢のひとつとに入れてみてはどうでしょうか。

ということで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました