金魚に適した水質と水質の維持、管理方法を解説します

金魚の飼い方

金魚と水質の関係について知りたい人「金魚と水質の関係について知りたい。金魚を飼育する際、水質が重要だって聞いたんだんよね。でも、水質って目に見えないし、よくわからない。金魚にはどんな水質が良くて、どうやって管理したらいいんだろう」

こんな悩みを解決します

この記事の内容

水質が金魚にどのように影響するのかや、金魚に適した水質、その管理方法について書いています

こんにちは、せいじです。

金魚の飼育を10年以上しており、金魚のふるさと奈良県大和郡山市より金魚

マイスターの認定を受けています。

さて、金魚を飼育していく上で重要なこととして、水質管理があります。

水質がダイレクトに金魚の健康に影響するからです。

金魚は一生を通じて水の中で生活しますからね。

人間にとったら、空気と同じような役割になります。

大気汚染された空気の中で生活していると、人間も病気になってしまいます。

同じように、金魚も水質によって健康に影響を受けるわけですね。

さて、その水の質を示す指標として、pH(ペーハー)があります。

pHは、酸性、中性、アルカリ性といった水の状態を示すものになります。

金魚に適している水質は、中性〜弱アルカリ性です。

適した水質をいかに維持してあげるかが重要になってくるということです。

というわけで、今回は金魚に適した水質と、水質の維持、管理方法について解説していきます。

スポンサーリンク

金魚に適した水質と水質の維持、管理方法を解説します

では、金魚と水質の関係について書いていきます。

まず、水質とはなにか、ということを見ていきたいと思います。

それから、金魚と水質の関係について、掘り下げていきます。

水質とは?

水質とは、水の性質をあらわすものです。

数値によって酸性、中性、アルカリ性に分けられます。

中性は7、それより低い数値だと酸性、それよりも高いとアルカリ性になります。

金魚に適した水質は?

金魚が快適に生活できる水質は、中性〜弱アルカリ性です。

多くのかたが金魚を飼育するにあたって水道水を使っていると思いますが、日本の水道水は中性になっています。

ですから、水道水の水は、金魚が生活するのに適した水なのです。

どうして水質は変化するの?

しかし、水質は常に一定というわけではありません。

水中にいろいろな成分が溶け込んだり、水温などの影響を受けて、水質は変化するからです。

金魚の水槽でいうと、中性の飼育水に、金魚の排泄物や餌の成分が溜まっていくと、水質が酸性に傾いていくのです。

水質の変化は金魚にどのような影響をあたえるの?

前述したように、金魚に適した水質は中性〜弱アルカリ性です。

ですから、酸性になると、金魚はストレスを感じるようになります。

ストレスは金魚の免疫力を低下させ、病気の原因となります。

しかし、酸性になったらすぐに死んでしまうか、というとそうではありません。

金魚は適応力の高い生き物なので、ゆるやかな変化に対しては適応することができます。

ですから、水質がある程度酸性に傾いていても、その変化がゆるやかであれば健康に生活することができるのです。

ただ、あまりにも酸性に傾きすぎると、金魚にとってストレスとなります。

そして、病気になって死んでしまう可能性が高くなります。

水質の変化を把握するには?

とはいえ、水質は目に見えません。

酸性でも、中性でも、そしてアルカリ性であっても、水は水です。

ですから、眺めているだけでは水質の変化を把握することはできません。

では、どうやって把握すればいいか、用いる道具として水質検査薬があります。

水質検査薬は、リトマス試験紙のように飼育水につけたり、液体の検査薬を水に混ぜたりすることによって色が変化し、水質がわかるようになっています。

ですから、最初のうちは、水質検査薬を活用し、水槽の水質の変化を把握するといいでしょう。

水質の変化を把握する必要性

なぜ、水質の変化を把握する必要があるかというと、水換えの頻度を把握するためです。

水換えをすることによって、酸性に傾いた水質を中性に戻すわけですね。

水質の変化は、水槽の環境によって異なります。

水質に影響をあたえる要素としては、次のようなものがあります。

水質に影響をあたえる要素

  • 入っている金魚の数
  • 餌の量
  • 水温

これらの要素によって変わってくるのです。

最初のうちは、どれぐらいの期間で酸性に傾いてしまうかがわかりませんよね。

ですから、検査薬を使って目安をつけるといいでしょう。

そして、それに合わせて水換えをするようにしてください。

水質に影響をあたえるアイテム

前述したように、水換えをするのは汚れた飼育水、つまり酸性に傾いた水を排出し、水道水によって中性に戻すためです。

また、水換え以外にも、飼育水の水質を維持する方法があります。

次のようなアイテムの活用です。

水質を維持するアイテム

  • ゼオライト
  • カキガラ

ゼオライトには、金魚に猛毒となるアンモニアを吸収する効果があります。

汚れを軽減することができると、水質が酸性に傾くのをおさえることができます。

【金魚】水槽にゼオライトを入れるとどんな効果があるの?

また、カキガラには、水質をアルカリ性に傾ける作用があります。

ですから、水槽内に入れておくと、酸性に傾こうとする水質を維持してくれるというわけです。

金魚の水槽にカキガラを入れるのはなぜ?その効果とは

スポンサーリンク

金魚に適した水質と水質の維持、管理方法を解説します:まとめ

金魚に適した水質と、水質の維持、管理方法について書きました。

水の中で一生を過ごす金魚にとって、水質は非常に大切です。

ですから、金魚にとってより良い環境が作れるよう、努めてあげてください。

そうすれば、体調をくずすことなく健康に過ごしてくれるはずです。

ということで、今回はこのへんで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました