スポンサーリンク
スポンサーリンク

メダカの稚魚をグリーンウォーターで飼育すると餌なしでOK?

メダカの繁殖

稚魚をグリーンウォーターのみで育てられるか知りたい人「メダカの稚魚をグリーンウォーターだけで育てられるかどうか知りたい。グリーンウォーターは稚魚にとって餌にもなるって聞いた。ということは、グリーンウォーターで飼育している場合、稚魚に餌をあたえる必要はないってこと?グリーンウォーターだけで大きくなってくれるの?」

こんな疑問を解決します

この記事の内容
メダカの稚魚をグリーンウォーターだけで育てることができるかどうかについて書いています

こんにちは、せいじです。

メダカや金魚、ウーパールーパーといった、水の中で生活する生き物を中心に飼育しています。

さて、メダカの稚魚を育てるにあたっては、グリーンウォーター(青水)の環境が適しているとされています。

なぜなら、グリーンウォーターは稚魚の成長をうながす効果があるからです。

グリーンウォーターは、飼育水が緑色になった状態を言いますが、緑色の正体は植物プランクトンです。

植物プランクトンは、メダカやメダカの稚魚にとって餌になります。

ですから、グリーンウォーターで飼育することで、いつでも餌を食べられる環境になるのです。

ということは、グリーンウォーターであれば、餌をあたえなくても成長させることができるの?との疑問が浮かんできますよね。

というわけで、今回はメダカの稚魚をグリーンウォーターで飼育すると、餌なしで育てることができるのかどうかについて解説します。

スポンサーリンク

メダカの稚魚をグリーンウォーターで飼育すると餌なしでOK?

では、メダカの稚魚をグリーンウォーターで飼育した場合、餌なしで大丈夫かどうかについて見ていきましょう。

その前に、そもそもグリーンウォーターとはどういった水なのかをおさえておきます。

グリーンウォーターとは?

グリーンウォーターとは、緑色になった状態の飼育水を言います。

普通の水に、メダカの排泄物が発生し、そこに太陽の光があたることによって徐々に緑色に変わっていくんですね。

水が緑色になるのは、飼育水の中に植物プランクトンが発生しているからです。

植物プランクトンが発生していると、メダカにとっていろいろなメリットがあります。

まとめると、次のようになります。

グリーンウォーターのメリット

  • 植物プランクトンが餌になる
  • メダカの健康にプラス効果
  • メダカの色、つやがよくなる

このうちの、餌になるというところを掘り下げていきましょう。

そのほかのグリーンウォーターのメリットなどについては、メダカをグリーンウォーター(青水)で飼育するメリット、デメリットをご覧ください。

グリーンウォーターが稚魚の餌になる

グリーンウォーターの原因である植物プランクトンは、メダカにとって餌になります。

メダカには雑食性があり、水草や苔、藻類といった植物も餌として食べるからです。

ですから、植物プランクトンは、メダカにとって自然発生的な健康食となるんですね。

成魚のメダカにとって餌になるということは、当然稚魚にとっても餌になります。

稚魚の成長の促進に効果

グリーンウォーターで飼育するということは、メダカの稚魚にとっては食べたいときにいつでも餌が食べらえれる環境となります。

なぜなら、植物プランクトンが常にあるからです。

つまり、グリーンウォーターで稚魚を飼育することで、稚魚の成長を促進することができるのです。

グリーンウォーターだけでは不十分

では、グリーンウォーターの植物プランクトンだけで稚魚を成魚まで育てることができるかというと、それはむずかしいですね。

というのも、植物プランクトンだけでは、栄養が不十分だからです。

人工餌をあたえずにグリーンウォーターだけで育てるとなると、稚魚はなかなか大きくなりません。

そのうち、餓死したり、成長が滞ることによって免疫力が十分にならず、病気になって死んでしまったりということが起こります。

ですから、グリーンウォーター以外の餌をあたえて育てるよりも、生存率が大幅に低下することになります。

人工餌などもあわせてあたえる

なので、生存率をあげてたくさんの稚魚を成魚まで育てるためには、そのほかの餌と組み合わせながら育てる必要があるんですね。

具体的な餌としては、次のようなものがあります。

メダカの稚魚の餌

  • 市販されている人工餌
  • ウォーターフード
  • ブラインシュリンプやミジンコなどの生き餌

このうち、人工餌がもっとも安価であつかいやすい餌となります。ただし、稚魚の嗜好性が低く、あまりたくさん食べてくれない場合があります。

稚魚の嗜好性が高くよろこんで食べるのは、ブラインシュリンプやミジンコといった生き餌ですね。

餌自体が動くことによって、稚魚の食欲を促進する効果があるからです。

また、栄養価も高いため、稚魚の成長が促進されます。

嗜好性でいうと、ウォーターフードも負けていません。なぜなら、ウォーターフードの正体はバクテリアだからです。

バクテリアも生きていますから、稚魚の食欲をそそるように動くんですね。

ですから、稚魚の食欲を促進してくれます。

グリーンウォーターとその他の餌を組み合わせながら、稚魚を早く大きく育てることが、生存率を上げるコツになります。

なお、そのほかの稚魚の生存率を上げる方法としては、メダカの稚魚の生存率を上げる方法をご覧ください。

スポンサーリンク

メダカの稚魚をグリーンウォーターで飼育すると餌なしでOK?:まとめ

メダカの稚魚をグリーンウォーターで飼育する場合、餌はなしでも大丈夫かどうかについて書きました。

結論としては、グリーンウォーターだけでの飼育はむずかしいです。稚魚がなかなか大きくなっていかないからですね。

ですから、他の餌を主にして育て、グリーンウォーターはプラスアルファの効果として考えるようにしてください。

なお、メダカの稚魚に餌をあたえるにあたっての詳細は、メダカの稚魚の餌はいつから?餌やりの方法や回数、おすすめの餌などをご覧ください。

ということで、今回はこのへんで終わりにしたいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました