金魚の塩水浴をする際、塩水にいきなり金魚を入れてもいいの?

金魚の飼い方

金魚を塩水にいきなり入れていいか知りたい人「塩水浴をする際、金魚をいきなり塩水に入れていいか知りたい。金魚が病気になったり、体調をくずしたりしたときに、隔離して塩水浴をすることがあるよね。塩水浴をするとき、作った塩水にいきなり金魚を入れてもいいのかな?」

 

こんな疑問を解決します

この記事の内容
金魚の塩水浴を実施する際、金魚を塩水にいきなり入れていいのかについて書いています

こんにちは、せいじです。金魚の飼育を10年以上しており、金魚のふるさと奈良県大和郡山市より金魚マイスターの認定を受けています。

さて、金魚が病気になったり、体調をくずしたりしたときに、別の水槽やバケツに隔離して塩水浴をすることがありますよね。

この際、事前に作った塩水に、金魚をいきなり入れてもいいのかどうか、悩むことはありませんか?

もしくは、せっかく塩水浴を実施したのに、金魚がよけいに弱ってしまった、なんてことがないでしょうか。

塩水にいきなり金魚を入れてしまうと、急激な環境の変化によって、金魚が弱ってしまうことがあります。

というわけで、今回は金魚の塩水浴をする際、塩水にいきなり入れていいのか、正しくはどのように塩水浴を実施したらいいのかについて解説します。

なお、金魚の塩水浴とは?やり方や効果などわかりやすく解説【完全網羅】では、金魚の塩水浴について必要な情報をほぼ網羅しています。

この記事の一番最後、「まとめ」にもリンクを貼っておきますので、塩水浴について深く知りたい方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

金魚の塩水浴をする際、塩水にいきなり金魚を入れてもいいの?

では、金魚の塩水浴をする際に、塩水にいきなり金魚を入れていいのかどうか、入れるとどうなるかについて書いていきます。

いきなり入れると金魚が弱ってしまう

金魚の塩水浴を実施する際、いきなり塩水に入れないようにしてください。なぜなら、環境が急激に変化するからです。

金魚は、急激な環境の変化に弱い生き物です。ですから、真水からいきなり塩水に変わると、大きなストレスを感じて、よけいに弱ってしまうんですね。

体調を回復させるために塩水浴をしているのに、塩水に入れることで弱らせてしまっては、元も子もありませんよね。

まちがった塩水浴が金魚の致命傷になることも少なくありません。

ですから、塩水浴をする際は、金魚を塩水にいきなり入れないようにしてください。

別水槽で塩水浴をする場合、水質や水温の変化にも注意

また、別水槽で塩水浴をする場合、水質や水温も変化します。本水槽と、新しく用意した別水槽の環境は、多かれ少なかれちがってくるからです。

そんな状態で、いきなり塩水にした別水槽に金魚を入れると、致命傷になるほどのストレスになる場合があります。

体調をくずしている状態なので、別水槽での塩水浴を実施するにあたっては、金魚への負担を極力減らしてあげなければなりません。

ですから、環境の変化をおさえるために、別水槽の飼育水の半分ぐらいを本水槽の飼育水から移しましょう。

そうすることで、金魚にかかる負担が、通常の水換えの際と同じ程度におさえることができます。完全に新しい水道水に入れるよりも、ずっと負担が少なくて済みます。

手順としては、次のようになります。

別水槽での塩水浴の手順

  1. 本水槽の飼育水を別水槽に入れる
  2. 金魚を別水槽に移す
  3. 温度を合わせた新水を入れる
  4. 塩を投入する

あとは、手順4の塩の投入の仕方がポイントになります。詳細は、次章で説明していきます。

スポンサーリンク

金魚の塩水浴を正しく実施する方法

 

ここからは、金魚の塩水浴を正しく実施する方法について見ていきましょう。

金魚を元気にするために塩水浴を行うわけですから、確実に効果がある方法で行ってください。

金魚を入れた状態で、数回に分けて塩を投入していく

金魚の塩水浴を実施する場合は、すでに金魚を入れた状態で、複数回に分けて塩を投入するようにしてください。

そうすることで、徐々に真水から塩水に変化させることができ、金魚のストレスを軽減できるからです。

塩を水槽に投入しても、一瞬ですべて溶けることはありませんよね。少しずつ時間をかけて溶けていきます。

ですから、水槽の塩分濃度もゆるやかに上がっていくことになるわけです。それによって環境の変化を緩和することができ、金魚に負担をかけずに済むんですね。

以上の理由から、あらかじめ塩を水に溶かしてから水槽に投入するのはやめたほうがいいです。

一気に塩分濃度が上がってしまうからです。

劇的な環境の変化となり、金魚が弱ってしまうことになります。

塊であれば、塩がゆっくり溶けていく

もし、塩が塊になっているようであれば、一気に必要量を入れても大丈夫です。塊の塩は溶けるのに時間がかかるため、環境の変化も緩やかになります。

分けて入れる手間が省けて一石二鳥ですね。

個人的には、粉状の塩でも必要量を一気に入れてしまいます。繰り返しになりますが、塩は塊でなくても一瞬で溶けてしまうようなことはありません。少しずつ溶けていくので、金魚のストレスになる可能性が少ないからです。

私の経験上では、この方法で金魚が体調をくずすようなことは今までありませんでした。参考にしていただけたらと思います。

ただし、実施する場合は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

金魚の塩水浴をする際、塩水にいきなり金魚を入れてもいいの?:まとめ

金魚の塩水浴をする際の塩の入れ方について書きました。

この記事をまとめます。

金魚の塩水浴をする際の塩の入れ方

  • 先に塩水にするのではなく、金魚がいる状態で塩を投入する
  • いきなり塩水に入れると、急激な環境の変化により金魚が体調をくずす可能性がある
  • 塩水浴は体調が悪いときなどに行うため、この負担が致命傷になる
  • 塩は何回かに分けて投入し、徐々に塩分濃度を上げていく
  • 塊であれば、一気に必要量入れても徐々に溶けて行くため環境の変化が緩やかになる
  • 隔離水槽に移す際は、水合わせを実施する

塩水浴の塩の入れ方をおさえたところで、投入する塩はどんな塩を選べばいい?と思うかもしれません。

塩水浴に使う塩については金魚の塩浴の塩はどんな種類を使えばいいの?【失敗しない選び方】で詳しく解説しています。

さらに、金魚の塩水浴について網羅的に知りたい方は金魚の塩水浴とは?やり方や効果などわかりやすく解説【完全網羅】をご覧ください。

ということで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました