金魚の松かさ病に効果のある薬剤などを紹介

金魚の病気

松かさ病に効く薬剤などが知りたい人「大切な金魚のうろこが逆立ってきている。これって松かさ病だよね?どうにかして治したいんだけれど、どんな薬が効果的かな?」

こんな疑問を解決します

この記事の内容
金魚の松かさ病に効果のある薬剤などを紹介しています。この記事を読むことで、松かさ病の原因によって効果のある薬剤などがわかります

こんにちは、せいじです。

金魚のふるさと奈良県大和郡山市より、金魚マイスターの認定を受けています。

金魚飼育を10年以上している中で、10例以上の松かさ病を治療してきました。

さて、その松かさ病ですが「頑張って治療しても、なかなか改善されない」といった経験のある人が多いのではないでしょうか?

また、以前は抗菌剤を使ったり、塩水浴をすれば治ったのに、今回はまったく効果がなかった、なんて人もいるかもしれません。

松かさ病は、金魚の中では治療がむずかしい病気のひとつとされていて、その理由は発症する原因が複数あるからです。

なので、治療にあたっても、原因に合わせた薬剤を使用しないと効果がのぞめません。

松かさ病の原因

  • エロモナスハイドロフィラの感染
  • 肝臓の機能低下
  • 消化器系の機能低下

複数ある松かさ病の原因を詳しく知りたい方はこちら

とはいえ、松かさ病を発症する原因のひとつとして「過剰な投薬」があるため、やみくもに薬を投与するのは逆効果になります。

というわけで、今回は松かさ病の原因によって効果のある薬剤などを整理していきたいと思います。

なお、松かさ病の原因や症状、治療方法などを網羅的に知りたいかたは、金魚の松かさ病の原因や治療方法とは【うろこが逆立つ病気です】をご覧ください。

スポンサーリンク

金魚の松かさ病に効果のある薬剤などを紹介

では、松かさ病の原因別に効果のある薬剤などを見ていきます。

まとめると次のようになります。

松かさ病に効果のある薬剤など

 

  • 抗菌剤
  • 整腸作用のある食品など
  • エプソムソルト

それぞれ掘り下げていきます。

細菌感染に効果のある抗菌剤

病原細菌のエロモナスハイドロフィラが原因で松かさ病になる場合は、抗菌剤の効果が得られます。

市販の抗菌剤を使って、薬浴を実施してください。

細菌感染に効果のある薬剤

  • グリーンFゴールド顆粒
  • カンパラD
  • エルバージュエース

各種の薬を規定量投与し、1週間ほど薬浴することで改善の可能性があります。

ただし、エロモナスハイドロフィラが原因でない場合は、効果がありません。

あたりまえの話しですよね。

とはいえ、正直エロモナスハイドロフィラが原因かどうかを症状から見極めるのは無理です。

なので、松かさ病の症状が見られたときは、治療の選択肢として上記の薬剤を使った薬浴を入れておく必要があります。

なお、個人的には実際に使ってみて効果の高かったグリーンFゴールド顆粒をおすすめします。

整腸作用をうながすクロレラや乳酸菌、ココアなど

消化器系の問題によって、排泄物を出せなくなって松かさ病を発症している場合は、整腸作用のある食品などをあたえることで効果が見込めます。

排泄をうながしてくれるからです。

整腸作用のある食品など

  • クロレラ
  • 乳酸菌
  • ココア

効果を試すにあたって、抗菌剤のように身体に負担がないことはメリットですね。

むしろ、松かさ病の治療だけでなく、金魚の健康へのプラス作用が見込めます。

積極的に用いて良いでしょう。

整腸作用のある食品や添加物については、転覆病にも効果があります。

商品の詳細や使用方法などを知りたいかたは金魚の転覆病を改善する薬剤などを紹介【クロレラ・乳酸菌など】をご覧ください。

体内に溜まった水を排出するエプソムソルト

金魚の病気の新しい治療方法として、エプソムソルト浴があります。

エプソムソルトとは、西洋で古くから万能薬の効果があるとして、入浴剤で使われてきた硫酸マグネシウムのことです。

硫酸マグネシウムは日本の温泉にも含まれている成分ですね。

人間においては、血流の促進や筋肉をほぐす効果、そしてデトックス効果があるとされています。

金魚にエプソムソルト浴を実施した場合に期待できる効果は、次の通りです。

エプソムソルト浴の効果

  • 浸透圧の負担をなくす
  • 内臓の機能障害を緩和
  • 体内に溜まった水を排出

エプソムソルトは塩水浴と同じように、浸透圧の負担をなくす効果があります。

浸透圧とは、かんたんにいうと塩分濃度の高いほうに水分が移動する作用です。

金魚の体液には0.6%ぐらいの塩分がふくまれているので、真水で飼育している環境では、水が体内に入り込んできます。

その水を金魚は体外に排出する作業を常にしているのです。

体調をくずしたときにこの負担を軽減してあげると、水を排出する作業に使っていたエネルギーを自己治癒力に使うことができるため、体調が回復しやすくなります。

さらにエプソムソルト浴では、血流の促進や筋肉をほぐす効果があるので、体内に溜まった水を排出しやすくなると考えられています。

これは塩水浴にはない効果なので、体内の水圧コントロールがむずかしくなる松かさ病の改善が期待できます。

なお、エプソムソルトは塩とくらべると金魚の負担が大きくなるため、かなり濃度を低くして使用する必要があります。

目安として上限0.03%にしたほうが、金魚へのデメリットをさけることができるでしょう。

なお、松かさ病の治療に使うエプソムソルトは、香料などが入っていない純のものを使用するようにしてください。

塩を使った塩水浴

松かさ病の治療にはエプソムソルト浴を押す声があるいっぽうで、塩を使った塩水浴によって松かさ病が改善された例も多くあります。

ですから、一概に松かさ病では塩ではなくエプソムソルトを使った方がいいとは言い切れません。

たとえば、エロモナスハイドロフィラの感染による松かさ病の場合、殺菌作用のある塩水浴のほうが効果を発揮すると考えられます。

しかし、内臓の機能低下による水の排出不全の場合、塩水浴では体内の水を排出する効果は期待できません。

ということで、塩水浴、エプソムソルト浴、どちらを実施するかは、松かさ病の原因によって使い分ける必要があります。

スポンサーリンク

金魚の松かさ病に効果のある薬剤などを紹介:まとめ

金魚の松かさ病に効果のある薬剤などについて書きました。

松かさ病になる原因が複数あるため、効果のある薬剤なども複数にのぼります。

原因によっては、いっぽうの治療方法では効果がなく、改善が見られないといったことが起こります。

ですから、松かさ病の原因を究明する必要があります。

金魚の松かさ病の原因とは?【かんたんに予防できます】

とはいえ、症状から原因を特定することがむずかしいため、異常の早期発見につとめ、本記事にあげた薬剤などを試していく必要があります。

そして、効果のあった薬剤を継続していくのがいいでしょう。

ということで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました