金魚の飼い方

金魚の飼い方

金魚はどうやって呼吸しているの?えら呼吸を解説します

金魚の呼吸方法について知りたいですか?本記事では、金魚の呼吸方法であるえら呼吸について解説しています。また、水中の酸素が不足した際に、金魚が水面で口をパクパクさせる鼻上げ行為をする理由についても解説しています。そこには、自然の中で生きていくための生き物の本能が関係しています。ぜひご覧ください。
金魚の飼い方

金魚の飼い始め、動かないのはどうして?

金魚を飼い始めた直後、金魚が動かない理由について知りたいですか?本記事では、金魚を飼い始めた直後、金魚が水槽の底でじっとして動かなくなる理由について解説しています。金魚をお店で購入したり、金魚すくいから金魚を持ち帰ったときに、しばらく水槽の底でじっとして動かなくなることがあります。まちがったかかわりをすると、死んでしまうことになります。ぜひご覧ください。
金魚の飼い方

水道水のカルキ抜きにかかる時間はどれぐらい?方法別に解説します

水道水のカルキ抜きにかかる時間が知りたいですか?本記事では、水道水のカルキ抜きにかかる時間について解説しています。金魚を水道水で飼育するためには、カルキを除去する必要があります。カルキを抜く方法は複数ありますが、それぞれ除去にかかる時間はちがいます。確実にカルキを除去して、金魚が健康に過ごせるようにしてください。
金魚の飼い方

金魚のカルキ抜きがない場合に代用できる方法3つ

水道水のカルキを抜くにあたって、カルキ抜きがない場合に代用できるものを知りたいですか?本記事では、金魚の飼育水を作る際に、カルキ抜きがない場合に代用できるものや方法について解説しています。金魚すくいなどでもらった場合、予期せずに飼育をはじめなければならないことがあります。その際に便利な方法をご紹介します。
金魚の飼い方

金魚の水槽に入れる水道水のカルキ抜きをしないとどうなる?

金魚を水道水で飼育する場合、カルキ抜きをしないとどうなるか知りたいですか?本記事では、カルキ抜きをしていない水道水で金魚を飼育した場合、どんなことが起こるのかについて書いています。水道水には塩素がふくまれています。これをカルキと呼びますが、カルキは金魚にとっても、金魚が生活する環境にとっても有害となります。ぜひご覧ください。
金魚の飼い方

金魚の水にカルキ抜きを入れすぎるとどうなるの?

金魚の水槽にカルキ抜きを入れすぎるとどうなるか知りたいですか?本記事では、金魚の水槽にカルキ抜きを入れすぎた場合の影響について書いています。金魚を水道水で飼育する場合は、必ずカルキを抜く必要があります。カルキを抜く方法の一つに塩素中和剤、つまりカルキ抜きを使う方法がありますが、入れすぎると問題が発生するかどうか、ぜひご覧ください。
金魚の飼い方

金魚の秋の飼育方法を網羅的に解説します

金魚の秋の飼育方法を知りたいですか?本記事では、金魚の秋の飼育方法の基本的な部分から、注意点までを網羅的に解説しています。秋の季節は金魚飼育においてむずかしい季節となります。暑い夏から冬に向けて水温が下がっていく季節だからです。水温に変化は金魚の身体に影響を与えます。うまく飼育しないと病気になることがあります。ぜひご覧ください。
金魚の飼い方

【金魚】水換え後元気がない、動かない、落ち着かない、死ぬ原因は?

金魚水槽の水換えをしたときに、金魚の元気がなくなったり、死んでしまったりする原因が知りたいですか?本記事では、水換え時に金魚に発生する異変について書いています。水換えは、金魚を飼育していく上で必要不可欠な行為になります。しかし、金魚にとっては環境が急変する行為でもあります。なにかあったときに判断できるよう、状況を把握しておきましょう。
金魚の飼い方

金魚の水換え時にお湯を入れて温めるのはNG!その理由は?

金魚の水換えでお湯を入れてはいけない理由を知りたいですか?本記事では、金魚の水槽の温度を上げるために、お湯を入れてはいけない理由について書いています。金魚は温水性の生き物であり、25℃前後の水温を好みます。飼育水の温度を上げたいと思ったときに、お湯を入れる方法が思い浮かぶかもしれませんが、その方法は金魚を殺す事になりかねません。
金魚の飼い方

【金魚】水換え時の温度(水温)合わせについて解説します

金魚の水換え時の温度合わせについて知りたいですか?本記事では、金魚の水換え時の温度合わせの重要性とその理由、そして温度合わせのやり方について解説しています。水換え時の温度合わせによっては、金魚の健康を損なう危険性があります。病気になったり、死んでしまう可能性もあるので、とても重要です。適切な方法で健康を守ってあげてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました