ウーパールーパーは人になつく?なつかせる方法は?

ウーパールーパー

ウーパールーパーが人になつくか知りたい人「ウーパールーパーが人になつくのかどうか知りたい。ウーパールーパーを飼育しようと思っているんだけれど、どうせ飼うなら、犬や猫のようにとまでは言わないまでも、ペットとしてそれなりになついてほしいなと思う。ウーパールーパーって、飼い主になついたりするのかな?

こんな疑問を解決します

この記事の内容
ウーパールーパーが人になつくかどうかについて書いています

こんにちは、せいじです。

水槽で飼う生き物としては、金魚やメダカ、熱帯魚など魚類を飼育している人が多いのではないでしょうか。

そんな中で、ウーパールーパーというのはなかなか異色のペットかもしれませんね。

ただ、ウーパールーパーには、魚類とはちがう魅力があります。それは、人へのなつきかたです。

金魚も飼育しているとだんだん人になつくというか、餌をくれ~と寄ってきて餌くれダンスをするようになりますが、ウーパールーパーも同じように人間の姿を見たら寄ってくるようになります。

金魚は人になつくって本当?金魚の馴致性について解説します

そして、とても愛らしい表情や動きを見せてくれるようになります。動きの愛らしさという点では、ウーパールーパーには手足があるからというのも関係しているでしょう。

というわけで、今回はウーパールーパーが人になつくのか、そしてなつく方法について解説していきます。

スポンサーリンク

ウーパールーパーは人になつく?なつかせる方法は?

では、ウーパールーパーが人になつくかどうかについて見ていきたいと思います。

結論から言うと、ウーパールーパーは人になつきます。なぜなら、人の姿に気づくと寄ってくるようになるからです。そして、人の姿を追いかけるようにもなります。

まぁ、その理由が犬や猫みたいに、飼い主が好きだから!!というのとはちがうかもしれませんが・・・。

そのあたりを詳しく掘り下げていきます。

ウーパールーパーは人に寄ってくるようになる

ウーパールーパーは、飼育していると徐々に人になれてきます。そして、人に気づくと、寄ってくるようになります。

ただし、飼い主だから寄ってくる、というわけではないようです。というのも、ウーパールーパーは、人を見分けることができないと思われるからです。

人を見分けることができない理由としてあげられるのは、視力の問題です。

ウーパールーパーは視力がとても弱く、あまり見えていません。餌をあたえる際も、こちらが本当に見えやすいところに、また見えやすい方法であたえないと、目で気づくことができないほどです。

ですから、水槽の外にいる人間を見分けることは不可能でしょう。

ただ、大きなものが水槽に近づいてきているのを感じることはできます。

なれてくるとその気配に対して、ウーパールーパーも水槽の壁面に寄ってくるようになるのです。

寄ってくる理由は餌

まぁ、とはいっても、人が好きになったから寄ってくるというわけではなさそうです。

では、なぜ寄ってくるようになるかというと、餌がもらえるからですね。

ウーパールーパーが小さいうちの餌やりは、基本1日1回です。毎日餌をあたえていると、人が近づいてきたら餌がもらえる、というのを理解するようになります。

ですから、なついたというわけではなく、餌がもらえると思って人に寄ってくるというのが本当のところでしょう。

寄ってくるようになるには安心感を与えることが必要

ただし、毎日餌をあたえたり、安心して過ごせる環境で飼育しないと、ウーパールーパーは近寄ってくるようにはなりません。

なにかしら危害がくわえられる恐れがあるような状況では、安心できませんものね。

なので、ウーパールーパーが近づいてくるようにするためには、きちんと飼育をすることが必要になります。

毎日餌をあたえ、そして適切な水換えなどによって衛生環境を整えて、さらには温度管理などをしながら育ててあげなければならないのです。

まぁ、当たり前の話しではありますが。

スポンサーリンク

ウーパールーパーをなつかせる方法

ここからは、ウーパールーパーをなつかせる飼育方法について書いていきます。

ウーパールーパーに餌をあたえるようになれば、時間の経過とともに、徐々になつくようにはなります。

しかし、すこし工夫するだけで、よりなついてくれるようになります。

同じ時間に餌をあたえる

まずは餌の時間です。毎日同じ時間に餌をあたえることによって、ウーパールーパーはよりなついてくれるようになります。

なぜなら、ウーパールーパーは餌の時間を覚えるからです。

餌の時間がわかったら、その時間の付近で人が近づいてきたら餌をもらえるというのがわかります。

ですから、ウーパールーパー自ら水槽の壁面に寄ってくるようになるのです。

餌をあたえる前に合図する

また、餌をあたえる前に合図をすることで、ウーパールーパーに餌がもらえることを理解させることができます。

毎回水槽のガラス面を「コツコツ」とたたいて音を鳴らし、それから餌をあたえるようにします。

すると、「コツコツ」と音が鳴ったら餌がもらえる、ということをウーパールーパーは理解するようになります。

その音を合図に、人間に近づいてくるようになるんですね。

愛情をもって接する

最後になりましたが、ウーパールーパーが人になつくようになるのにもっとも大切なことは、愛情をもって接することです。

人の気持ちは、ウーパールーパーにも伝わります(たぶん)。

愛情を注がれれば注がれるほど、ウーパールーパーも愛情を返してくれるでしょう(おそらく)。

ですから、愛情をもって最後まで大切に飼育してあげてください。

スポンサーリンク

ウーパールーパーは人になつく?なつかせる方法は?:まとめ

ウーパールーパーは人になつくのかどうか、そして人になつかせる方法について書きました。

愛情をもって飼育を続けることで、ウーパールーパーはなついてくれるようになります。そして、とても愛らしい姿で人の心を癒してくれます。

ですから、大切に育ててあげてくださいね。

ということで、今回はこのへんで終わりにしたいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました