スポンサーリンク
スポンサーリンク

【金魚】水槽に活性炭を入れるとどんな効果があるの?

金魚の飼い方

活性炭の効果を知りたい人「金魚の水槽に良い効果があるということで、よく活性炭を使った商品が販売されているよね。活性炭を使うと、金魚にとってどんな効果があるのかな?詳しく知りたいな」

こんな疑問を解決します

この記事の内容
金魚の水槽に活性炭を入れると、どのような効果があるのかについて書いています

こんにちは、せいじです。

金魚の飼育を10年以上しており、金魚のふるさと奈良県大和郡山市より金魚マイスターの認定を受けています。

さて、水槽の水をきれいにしてくれるアイテムとして、活性炭があります。

活性炭は吸着(化学)濾過の作用を持っているからです。

ですから、濾材や水槽の中にいれることによって、飼育水の黄ばみの原因を除去してくれるのです。

活性炭には黄ばみを取る以外にも、においを除去する効果があります。

透明な水は、金魚の美しさをより際立たせてくれますし、においがないのも飼育する上でとてもうれしい効果ですよね。

というわけで、今回は金魚の水槽に活性炭を入れるとどんな効果があるのかについて、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

【金魚】水槽に活性炭を入れるとどんな効果があるの?

では、金魚の水槽に活性炭を入れると得られる効果について書いていきます。

その前に、そもそも論として、活性炭とはなにかということを見ていきます。

そのあとで、活性炭の効果について掘り下げていくことにしましょう。

活性炭とは?

炭に脱臭の効果があるのは、よく知られているところですよね。

下駄箱などに置いて、炭の脱臭効果を活用している人も多いのではないでしょうか。

なぜ炭に脱臭効果があるかというと、炭には孔(あな)があいていて、その孔ににおいの成分を閉じ込めることができるからです。

言い換えると、においを発生させる物質を吸着することができるというわけです。

活性炭は、その炭をさらに高温で熱して作られています。

高温で熱することで、炭よりも小さな孔がたくさんできるのです。

孔がたくさんあるということは、それだけたくさんの物質を吸着できるということになります。

浄水器に活性炭が使われているのは、吸着作用によって、水の中の不純物を取り除くことができるからです。

その結果、きれいでおいしい水が作られるというわけですね。

活性炭は吸着(化学)濾過の役割

つまり、活性炭は、水槽の中で吸着濾過の役割をしてくれます。

フィルターや水槽の中に入れることによって、水槽の中の不純物を吸着して取り除いてくれるのです。

それによって、水がきれいになるわけです。

活性炭は飼育水のにおいや黄ばみを除去してくれる

活性炭の具体的な効果でいうと、飼育水に発生するどぶ臭いにおいなどを除去する効果があります。

また、飼育水の黄ばみを取り除き、透明な水にしてくれます。

水槽の水が黄色くなるのは、人工餌の成分が水槽に溶け出すからです。

なので、時間の経過とともに、徐々に飼育水が黄ばんでいくのです。

活性炭は、その黄ばみの成分を吸着してくれるんですね。

他にも、飾り物として木を入れた場合の黄ばみも吸収してくれます。

ですから、水槽のにおいがなくなって、いつも透明でぴかぴかのきれいな水を維持できるのです。

金魚への有害物質、アンモニアの吸着は?

ところで、活性炭による吸着濾過は、金魚に有害となる物質にも効果があるのでしょうか。

金魚に有害な物質として真っ先にあがるのは、排泄物にふくまれているアンモニアです。

アンモニアは金魚にとって猛毒になりますからね。

少しの量でも、金魚に致命的なダメージをあたえかねません。

金魚がアンモニア中毒かも?症状や原因、治療、予防方法を解説します

有害物質としては、他にも、アンモニアが分解されたときに発生する亜硝酸や、亜硝酸が分解されたときに出る硝酸があります。

しかし、残念ながら、活性炭はこれらの有害物質を除去することはできません。

ですから、飼育水の見た目をきれいにする効果はありますが、金魚の健康を守るという意味での浄化作用は期待できない、ということになります。

活性炭はどれぐらい効果がつづく?交換の目安は?

そんな活性炭ですが、永久的に吸着濾過を発生させられるわけではありません。

活性炭には、物質を吸着したあと、その物質を処理する機能がないからです。

ですから、孔がすべて埋まってしまったら、それ以上吸着することができなくなります。

なので、定期的に交換する必要があるということです。

目安として、だいたい1ヶ月ぐらいでの交換が必要になります。

市販されている商品には、2~4週間といった記載になっていることが多いですね。

それぐらいで吸収できる上限に達するということです。

吸着の限度を超えた活性炭は、吸着したものを吐き出す?

以前、まことしやかにささやかれていたのが、活性炭は寿命を超えると、吸着した物質を放出してしまう、というものです。

ですから、活性炭が寿命をむかえたら、すみやかに交換しなければ水槽に悪影響を及ぼす、という説がありました。

しかし、これは事実ではありません。

吸着できる上限に達した活性炭は、それ以上物質を吸着できなくなりますが、吸着したものを放出するといったことはありません。

その点は安心してください。

とはいえ、活性炭の目的が吸着濾過なので、吸着できなくなったら意味がありませんよね。

ですから、定期的な交換は避けられません。

水槽用の活性炭アイテムでは「ブラックホール」がおすすめ

水槽用の活性炭アイテムで、特におすすめなのがキョーリンの「ブラックホール」です。

上部フィルターなどの濾過槽に入れるだけで、早ければ数時間後には水がピカピカに輝きだします。

しかも、超高性能な活性炭を使用しているため、寿命が2ヶ月もあるんです。

1箱5個入で1000円前後、つまり1年弱、1000円でいつでもきれいな水槽を眺めることができるわけです。

その驚きの効果は、多くのユーザーの口コミで証明されています。

ぜひ、効果を実感してみてください。

スポンサーリンク

【金魚】水槽に活性炭を入れるとどんな効果があるの?:まとめ

金魚の水槽に入れる活性炭、どんな効果があるのかについて書きました。
活性炭は、水槽の見た目をきれいにするには非常に効果が高いですね。
観賞性を上げるのには良いアイテムだと思います。
ぜひ、活用してみてください。
ということで、今回はこのへんで終わりにしたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました