飼えないメダカを川に流す、逃がす、捨てるとどうなるの?

メダカについて

メダカを川に流すとどうなるか知りたい人「メダカを川に流すとどうなるか知りたい。飼育しているメダカが事情によって飼えなくなったんだよね。だから、近くの川に放してあげようと思っているんだけれど、問題ないよね?元々メダカって川にいる生き物だし、川に流しても大丈夫だよね?」

こんな疑問を解決します

この記事の内容
メダカを川に流すとどうなるのかについて書いています

こんにちは、せいじです。

メダカや金魚、ウーパールーパーといった、水の中で生活する生き物を中心に飼育しています。

さて、メダカの飼育も長くなってくると、なんらかの理由で飼い続けることがむずかしくなることもあるかもしれません。

メダカを手放したいけれど、殺すわけにもいかないし、どうしたらいいか、そう悩んで川に流す、捨てるという選択肢を考えることもあるでしょう。

しかし、メダカを自然の川に流してはいけません。なぜなら、自然の生態系に影響をおよぼすかもしれないからです。

というわけで、今回はメダカを川に流すとどうなるのかについて解説します。

スポンサーリンク

飼えないメダカを川に流す、逃がす、捨てるとどうなるの?

では、飼えなくなったメダカを川に流す、逃がす、捨てるとどうなるのかについて見ていきましょう。

結論から先に言うと、メダカを川に流してはいけません。なぜなら、生態系を破壊する恐れがあるからです。

その理由について掘り下げていきます。

メダカは自然界にもいる

先に生態系を壊す恐れがあるので、川に流してはいけないと書きました。

とはいえ、よくよく考えてみると、メダカは自然界にも存在しますよね。

同じ観賞魚である金魚とちがって、野生のメダカというのは、自然の川にも生息しています。

すでに存在しているメダカを自然界に放したとしても、生態系に影響をおよぼす心配はないのでは?と思いませんか?

ところが、そうではないんですね。

改良メダカは自然の生き物ではない

というのも、観賞用で流通しているメダカは、自然の中にいるメダカとはちがいます。

元々のメダカに人の手をくわえ、観賞性を高めるために改良されたメダカなんですね。

自然に存在する純粋なメダカではなくなっているのです。同じメダカでも似て非なるものということになります。

ですから、自然界に放ってはいけないわけです。

仮に、野生のメダカを採取してきて繁殖し、それを自然界に放すということもしてはいけません。

なぜなら、自然なサイクルの中で誕生したメダカではないからです。

つまり、改良メダカであれ、野生のメダカであれ、一個人が勝手にメダカを自然の中に放ってはいけないんですね。

改良メダカは自然界では生きていけない

ただ、改良メダカを自然界に放たしたところで、生きていくことはできません。

すぐに天敵に見つかって食べられてしまうか、自然の環境に適応できずに死んでしまいます。

たとえば、ラメのメダカなんかは、自然界の中でめちゃくちゃ目立ちます。ですから、天敵に見つかりやすくなります。

ダルマ体型のメダカなんかも、泳ぎの能力が低くて、自然界で生き延びることはできません。

元々野生のメダカであったとしても、人間の手で飼育される中で野生の能力を低下させていくため、野生として生きていくことは厳しいと思われます。

だったら、やっぱり自然界に放っても問題ないんじゃないの?

と思うかもしれません。

生態系を壊す恐れがなさそうに感じますものね。

たしかに、アカミミガメやアメリカザリガニは、放った個体が自然界で大繁殖し、元々いた種類の生き物が絶滅したり、絶滅の危機に瀕していることが問題になっています。

メダカでは、どうやらそのような心配はなさそうです。

しかし、生態系を壊すのは、放った生き物が繁殖することだけで起きるわけではありません。

やはり自然の生態系を壊す恐れがある

自然の生態系は、自然の中の弱肉強食によって保たれています。

強いものが弱いものを餌にして、さらに弱いものが自分よりも弱いものを餌にして、というサイクルの上に成り立っているんですね。

そのバランスを、メダカを川に流すことによって壊してしまう恐れがあるのです。

仮に放ったメダカが自然界で生き延びられなくても、メダカを餌にする生き物が大繁殖してしまう可能性があります。

そうなると、その生き物に餌にされる生き物が、絶滅してしまう可能性が発生するというわけです。

そして、絶滅した生き物に餌にされていた生き物が、また大繁殖してしまうなんてことが起こるかもしれません。

大幅に生態系が変わってしまうことになりかねないんですね。

ですから、飼っているメダカを川に流すことは、くれぐれもやめてください。

スポンサーリンク

飼えなくなったメダカをどうしたらいいか?

ここからは、飼えなくなったメダカをどうしたらいいかについて書いていきます。

飼えなくなったメダカへの対応については、次のような方法があげられます。

飼えなくなったメダカへの対応方法

  • 友人や知人にゆずる
  • ペットショップで引き取ってもらう
  • 金魚や熱帯魚を飼育している人に引き取ってもらう
  • インターネットを使って販売する

大切に育ててきたメダカ、できればこれからも大切にしてくれる人にお願いしたいですよね。その場合は、友人や知人にゆずるか、インターネットで販売するなどの方法があります。

もし、それがむずかしいようでしたら、ペットショップなどのお店で引き取ってもらえるかもしれません。

ただし、その場合は、金魚や熱帯魚の餌として活用されることになる可能性が高いです。

メダカが死んでしまうことになるので、複雑な思いになるかもしれませんが、川に流しても確実に死ぬことになります。

つらいことですが、割り切りも必要でしょう。

スポンサーリンク

飼えないメダカを川に流す、逃がす、捨てるとどうなるの?:まとめ

飼えなくなったメダカを川に流す、逃がす、捨てるとどうなるのかについて書きました。

川に流すと、生態系を破壊してしまう恐れがあるため、絶対に避けなければなりません。

くれぐれも川に流さないようにしてください。

川に流さないで処分する方法についても書きました。参考になれば幸いです。

ということで、今回はこのへんで終わりにしたいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました