冬越しで設置した金魚水槽のヒーターはいつまで使用すればいいの?

金魚の飼い方

金魚のヒーターをはずすタイミングが知りたい人「冬にヒーターを設置した場合、どのタイミングではずしたらいいのかな?タイミングがわからなくて困っている。何を物差しにはすればいいか知りたい」

こんな疑問を解決します

この記事の内容
金魚水槽に冬に設置したヒーターをはずすタイミングについて書いています。この記事を読むことで、ヒーターをはずす基準がわかります。

こんにちは、せいじです。

金魚の飼育を10年以上しています。

金魚のふるさと奈良県大和郡山市より、金魚マイスターの認定を受けています。

さて、ヒーターを使って金魚を冬越しさせた場合、どのタイミングではずせばよいのでしょうか?

その目安となるのはなんでしょう?

はずすタイミングとしては、設定している温度を自然水温が上回った段階ですね。

そのタイミングではずすのが良いでしょう。

というわけで、今回は冬越しのために設置した金魚水槽のヒーターをはずすタイミングについて書いていきます。

スポンサーリンク

冬越しで設置した金魚水槽のヒーターはいつまで使用すればいいの?

では、冬越しで設置したヒーターはいつまで使えばいいのか、はずすタイミングについて掘り下げていきます。

ヒーターを設置した目的によってはずすタイミングが変わる

まずはヒーターを設置する目的から考える必要があります。

なぜなら、目的によって設定する水温が変わるからです。

ヒーターを設置する目的をまとめると、次のようになります。

金魚水槽でヒーターを設置する目的

  • 冬の間も元気に泳ぐ金魚が見たい
  • たくさん餌をあたえて早く成長させたい
  • 急激な水温の変化をおさえたい

冬の間も元気に泳ぐ金魚の姿を見たいという場合、水温は18℃設定で大丈夫です。

18℃に設定する理由は、金魚が活動的に過ごせる水温が18~28℃だからです。

気温が低い中で高水温を維持しようとすると、その分電気代がかかります。

ですから、活発に泳げる最低水温の18℃に設定することで、経済的にも観賞的にも良い状態を保つことができます。

冬の間もたくさん餌をあたえて、早く大きく成長させたい場合は25℃程度の水温が必要になります。

消化能力は水温によって変化するからです。

18℃あれば金魚は活発に活動することができますが、消化能力は完全にはあがりません。

しっかりと餌をたべさせ、なおかつ消化不良を避けようと思ったら、25℃程度の水温が必要になります。

最後は、急激な水温の変化を避けるために設置する場合です。

秋から冬にかけて、そして冬から春にかけては、水温の変化が激しい時期になります。

水温の変化が激しいと金魚はストレスを感じ、白点病などの病気を発症しやすくなります。

ですから、水温の変化をなるだけおさえることが必要になるのです。

日々の水温が5℃以上変化するようであれば、そしてそれが続くようであればヒーターを設置したほうが安心です。

水槽の水温ではずす目安

さて、上記の理由でヒーターを設置したとして、本記事のメインテーマである「はずすタイミング」はどのようにはかればいいでしょう。

それは、設定している水温を上まわり、その水温が続くかどうかが目安となります。

たとえば、18℃設定して冬越しをした場合、春になって18℃を上まわってくるようであれば、はずすタイミングをはかる時期にきているということです。

その後、設定水温に戻らない日が続くようであれば、はずして大丈夫です。

水温計でヒーターをはずすタイミングを知る

水温の変化を把握するためには、水温計が重要なカギをにぎります。

できれば最低、最高水温を記録しておけるタイプのデジタル水温計を使うことをおすすめします。

最低水温がヒーターで設定している水温まで下がらないようであれば、はずして大丈夫ということです。

ただし、最低、最高水温の差が5℃以上発生するようであれば、水温の変化が3℃以内におまるよう、ヒーターの水温を設定してください。

白点病などの金魚の病気のリスクを下げることができます。

なお、デジタル水温計を購入する場合は、ニチドウマルチ水温計をおすすめします。

温度表示の画面が大きく見やすいことと、最高、最低水温を自動で記録する機能が備わっています。

いろいろなタイプの水温計を使いましたが、この商品が今のところもっとも使い勝手が良かったですね。

スポンサーリンク

冬越しで使うヒーターに必要な機能とは?

観賞魚用ヒーターには、大きく分けて2種類あります。

観賞魚用ヒーターの種類

  • 温度固定式
  • 温度調節可能

価格的には、温度固定式の方が、温度調節可能な機種よりも、1000円程度安くなります。

冬越しのみを目的にヒーターを使用するのであれば、温度設定が固定されいるヒーターで大丈夫です。

しかし、水温の変化の影響を緩和したい場合などは、温度調整できるヒーターが必要になります。

その他にも、病気を改善するためにヒーターが活躍してくれる場面があります。

総合的なヒーターの選び方については、金魚の飼育におすすめのヒーターを紹介【3つのタイプから選ぶ】をご覧ください。

スポンサーリンク

冬越しで設置した金魚水槽のヒーターはいつまで使用すればいいの?:まとめ

冬越しのために設置した金魚水槽のヒーターは、いつまで使用すればいいのか、について書きました。

ヒーターを使用する期間は、その目的によって変わってきます。

なので、具体的に何月まで、ということはむずかしいです。

設定している水温を、上回るようになってきたら、はずすタイミングと考えていいでしょう。

ですから、18℃設定のヒーターであれば、春頃にははずせるでしょうし、25℃設定でたくさん餌をあげたい人は、もう少し先になります。

設定した温度によって判断してください。

ということで、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました