エアレーション

金魚の飼い方

金魚は酸素なしでも飼育できるの?について解説します

金魚を酸素なしで飼育できるかどうか知りたいですか?本記事では、金魚を酸素なしで飼育できるかどうかについて書いています。とはいえ、金魚は生き物なので、酸素なしで生きていくことはできません。この場合の酸素なしは、エアレーション、俗に言うブクブクを使わずに飼育することを指します。本記事が参考になれば幸いです。
金魚の飼い方

金魚の凍結防止、冬に水槽が凍らないようにする方法とは

冬に金魚が凍結してしまうのを防止する方法を知りたいですか?本記事では、金魚水槽の飼育水が凍結してしまうと、金魚はどうなってしまうのか、また、金魚自体が凍結してしまうとどなるのか、について書いています。金魚は適応できる水温域が0~40℃と幅広い生き物です。寒さにも弱い生き物ではありません。ただし凍結防止が必要なケースがあります。
金魚の飼い方

【金魚】冬にエアレーションをとめるメリットとは?

金魚の飼育で、冬にエアレーションをとめるメリットについて知りたいですか?本記事では水温が下がる冬において、エアレーションをとめて飼育することで得られるメリットについて書いています。エアレーションがないと金魚が酸欠を起こしてしまうのでは?と心配する人もいるかもしれませんが、それも大丈夫な理由を書いています。
金魚の飼い方

金魚の酸素不足はストローでブクブクすると解消される?

金魚の酸素不足がストローでブクブクすることによって解消されるかどうか知りたいですか?本記事では、金魚の酸素不足を解消するために、ストローでのブクブクが効果があるかどうかについて書いています。それにともなって、飼育水に酸素が取り込まれるしくみについても書いています。ぜひ本記事が参考になればうれしいです。
金魚の飼い方

金魚の水槽に酸素が供給される仕組みとは?【意外な仕組みです】

金魚の水槽に酸素を供給する方法が知りたいですか?本記事では金魚の水槽にどのようにして酸素が供給されているのか、そしてその酸素はどのようなことに使われているのかについて書いています。飼育水の酸素濃度は、ブクブクで空気を水中に送り込むことで上がると思われがちですが、実はそうではありません。そのあたりも解説しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました